ものには順序がある、行動にも順序がある。

 今月から貯金をしようと決めたはいいが結局出来なかった。勉強をしようといつも計
画を立てるが、計画通りに進まない。目標を持って取り組もうとするが、すぐに断念
してしまう。

できそうでできないことはたくさんある。やればいいものをやらない。よそ様はでき
ているのに自分にはできない。

はてさて、よそ様と自分とはどこが違うのでしょう。性格? 能力? 資質? 気持
の問題?

はて、何でしょう?


人は今までやったこともないことをいきなり完璧にできることはありません。
10あることをいきなり10出来ることはありません。

今まで勉強をしたことがなく、昨日まで散々遊び呆けていた人が今日になって何時間
も勉強し続けることはありません。

昨日まで、お金をあるだけ使っていた人が、今日になってきちんとお金を管理できる
ようになることは難しいことです。

昨日まで、好きなものを存分に食べていた人が、今日になってきっちりダイエットを
しだすのは至難の業。


勉強の仕方、貯金の仕方、ダイエットの方法、そういった知識はみんな持っています。
難しいのは、その行動をどのように形成するかです。


素人が練習をしないでいきなりフルマラソンを走りきることはできません。
喧嘩に自信があるからといってボクシングで12Rをフルに戦うことなど出来ません。


物事には順序があり、段階を追ってでしか作りようのない行動があります。

生まれたての赤ん坊が、ミルクをあげに来た母親に「お母さん!おはよう!」と言う
ことがないように、人は順を追ってでしかできないことがあります。


勉強をしようと思うなら、いきなり何時間も勉強をしようとは考えないことです。
最初は30分机に向かうだけ。その次に1時間、その次に2時間と順を追って増やし
ていくこと。
勉強内容もいきなり難しい問題から解こうとするのではなく、自分にできそうな問題
から始めることです。
いきなり解けもしない問題をやろうとすれば、後が続かなくなります。

貯金にしても同じです。いきなり、月々決まった金額を貯金することは、まだ行動が
形成されていない人にとっては難しいこと。
欲張って月に5万円!なんてしてはいけません。初めは5千円からでいいのです。

ダイエットも、いきなり絶食するようなことはしてはいけません。そんなことをして
も、すぐに失敗します。
ダイエットは痩せればいいというものではありません。理想体重を維持できてはじめ
て成功なのです。
そのためには、まずは体重計に乗ることから始める。次にそれを記録していく。それ
ができれば、本格的なメニューに入る。


何でも、はじめから10を求めないことです。10を求めても、しんどいだけで後が
続かなくなります。


いつもテストで20点や30点を取ってくるできの悪い子供に、次は100点!なん
て期待をしてはいけません。
20点を取ってきた子供には、次は25点。それがクリアーできて30点。少しずつ
ハードルを上げていくことが大事です。そして、前回より点数がよければほめてやる
ことも大事です。

今まで20~30点しか取ってこなかった子供は、100点を取るほどの勉強が身に
ついていないからです。

徐々にハードルを高くしていくと人はどんどん伸びていきます。


動物実験でもこんなものがあります。
ハトを用いた心理学の実験です。

キーを一回つつけば餌が一塊出てくる仕掛けになった実験装置があります。その中で、
ハトはたまたまキーをつついて餌を手に入れることができました。すると、ハトは餌
というメリットを得たために「キーつつき」といった行動を学習します。

さて、このハトに100回キーつつきをせることはできるでしょうか。100回キー
をつつけば餌がもらえる。この行動を形成させることはできるでしょうか。

我々が普段考えている観点で言えば、無理なことです。100あるうちの1しかでき
ていないハトがいきなり100回キーをつつくことなどできるはずがありません。

1回のキーつつきで一塊の餌を手にすることしか学習していないハトにとって、100
回のキーつつきは無意味な行動です。

しかし、これを、初めは1回のキーつつきで餌が与えられたのを、キーを2回つつけ
ば餌を与えるようにすると、ハトは2回キーをつつくことを学習します。

次に3回、次に4回、次に5回・・・・と餌を与える間隔を伸ばしていけば、ハトは
見事に100回キーつつきを学習することができるのです。

しかし、これでは終わりません。そのハトは最終的に2万回までキーつつきを学習し
たのです。2万回というと丸々一日かけてキーをつつき続けることになります。


我々ができそうでできない理由はここにあります。ハトが一塊の餌でそこまでできる
のですから、我々が無理だと諦めていることもしっかり順を追って形成していけば可
能になってきます。

まだ形成されていない行動をはじめからすべてを望んではいけません。順を追ってで
しかできない行動があります。

物には順序があることを理解しておきましょう。



まとめ

10あることをいきなり10出来ることはありません。
はじめから10を求めないことです。10を求めても、しんどいだけで後が続かなく
なります。

物事には順序があり、段階を追ってでしか作りようのない行動があります。

まだ形成されていない行動をはじめからすべてを望んではいけません。順を追ってで
からの引用です。