2018年04月

メリットとデメリットを使うことで、「受け取り方」を変える。

メリットとデメリットを使うことで、「受け取り方」を変えていくことができます。
CIMG3101
本人にとって、それがメリットになるのかどうかは、人それぞれ違います。
それは受け取り方の違いだからです。
だから、やる気が出ないのは個人の内面的な問題になると考え
るのは普通の発想です。

実際に、人の行動を捉えるときには、個人側からとらえるのか、それとも、環境
側から捉えるのか、二通りの捉え方があると思います。

ですから、「やる気が出ない理由」を「受け取り方」の問題として捉えることは間違
いではありません。

しかし、個人に「やる気」の原因を求めても、
どうすることもできずに疲れるだけです。
自分や他人を陥れることにもなりかねません。

そこで、その個人の「受け取り方」を変えるためにはどうすればいいのか。
個人の問題だから、個人の意思に頼るしかないのか?

いえいえ、神経をすり減らすだけです。

環境側から人を捉えることで、受け取り方を変えていくことができます。
メリットとデメリットを使うことで、「受け取り方」を変えていくことができます。

もう少しいいますと、

状況の受け取り方はメリットを得る『可能性』(確率の高さ)によって変えていくこ
とができます。

プロテストを3回も落ちたK君が、もう駄目だととるか、まだ頑張れるととるかは、
可能性、つまり、確率の問題で捉えることができます。

頑張ってきたのは2回目も3回目も同じ。次頑張っても同じ結果しかえられない。
そうなると「やる気」は出ないでしょう。

しかし、そこに何らかの可能性(確率を上げること)を見出すことができれば違って
きます。

たとえば、まだやり残したことがある、2回目、3回目はまだ本気じゃなかった。
そのような可能性がある場合、「やる気」は出てくるものです。

プロテストに合格する確率によって、気持ち、あるいは、その状況の受け止め方は変
わってきます。

個人に原因を求めるのか、環境側に原因を求めるのかは、人と環境との関わりですから、
どちらからでも捉えることができるのは、当然と言えば当然です。

環境から人を捉えるという意味で、

持続できない理由は「メリットがないため」あるいは、「メリットを得る確率が低い
ため」だと結論付けさせてもらいます。


何か新しいことを始めるときに自分に行動を起こさせるものは何か?

新しいことを始めるにあたっては、始めてしまえば、そこから生じる見返りによって、
持続できるかできないかが決まってきます。

始めたいけど、始める気になれない、という場合は、現在の自分の環境を疑ってくだ
さい。

その行動を起こすよりもっとほかにメリットのある行動があるのではないか。その行
動を起こすこと自体にさほどメリットがないのではないか。

性格の問題を絡める必要はございません。
環境側のメリットあるいはデメリットを見るだけです。

この行動分析を勉強し始めると、今まで捉えていた人間の見方、つまり、性格や心の
問題とをごちゃ混ぜにしてしまい、こんがらがってきます。

でも、行動分析の理論で人を捉えることができるようになると、最低でも自分や他人
の行動に納得できるようになります。

まとめ

「状況の受け取り方はメリットを得る『可能性』(確率の高さ)によって変えていく
ことができます。」

始めたいけど、始める気になれない、それは、

「その行動を起こすよりもっとほかにメリットのある行動があるのではないか。その
行動を起こすこと自体にさほどメリットがないのではないか。」

そこを疑ってください。

行動を起こしてメリットを得る。

行動を起こしてメリットを得る。
CIMG3097
自啓発やその手の類の本には
よく「行動を起こすことが大事」だと、ほとんどの本に書かれています。
「種は蒔かなければ芽が出ない。行動を起こすとは種を蒔くことだ」と
似たような文句を何度も見てきました。
しかし、「行動を起こさなければいけない」と頭では分かっているのですが、
実際に行動を起こす人は少ないと思うのです。

そこで質問なのですが、行動できない人(自分を含めて)には、
何が足りないのでしょうか?
また、行動できるために、どうすればいいとお考えでしょうか?

行動を起こすには何が足りないのか。

やる気?本気?気持ち?

違いましたよね。

何か行動を起こすときに、大事なものは、
その行動を起こすことによって得られるメリットです。

それをまず、明確にしなければなりません。

そして、そのメリットが、その人にとって、
どれだけ大きなものであるか。

そしてそのメリットが得られる
「確率」が重要となってきます。

そして、さらに、
「モノには順序がある」ことも
考慮に入れておきましょう。

できない人というのは、
頭の中であれこれ考えて、
答えを出そうとします。

頭の中で、あれこれイメージを膨らませて、
「やる気」が湧いてくるかどうか
シュミレーションをしているはずです。

そして、そこに大したメリットがなく、
やる気が出てこないために、
何もせずに終了となるのです。

いくら頭でイメージしてみても、
所詮は、空想の世界ですからね。

実際に得られる現実のメリットには及びません。

つまり、頭であれこれ考えて
メリットが得られるイメージをするよりも、
現実で、なんらかの行動を起こして、
メリットを得る方が、
断然、やる気が起こるということです。

では、どのような行動を起こせばいいのでしょうか。

行動を起こすことは、
何もどでかいことをしなければいけない
というわけではありません。

何か興味が持てたら、
それをインターネットで調べてみる。
資料請求してみる。

その程度のものでいいのです。

多くの人は、
何か大きな行動を起こそうとしていませんか?

全てを一気に解決できる行動をたくらんでいませんか?

ものには順序があります。

まずは目先のペンをとってみてはいかがでしょうか。

「書く」というのは、ひとつの行動です。

行動を起こし、そこにメリットが得られると、
さらなる行動が起こります。(以前にやりましたよね?)

「書く」という行動を起こした結果、
メリットを得ると、次への「やる気」がうまれてくるのです。

「書く」というのは、
自分の考えなどを明確にできるメリットがあります。

そして、明確にすることで、
次への行動を起こしやすくしてくれます。

そして、一番重要な役割が、
次への行動を引き起こしてくれる、
はじめの一歩になってくれるのです。

長々と書きましたが、

要は、できるかできないかは、
頭の中で考えるものではありません。

あれこれ頭で考えずに、
まずはペンでも持って自分の考えを明確にすること。

目の前のできることから始めて、
その結果、持続するかしないかです。

簡単な行動を起こして、メリットを得ることで、
自然と次への行動が結びついていくものです。

まとめ

頭であれこれ考えて
メリットが得られるイメージをするよりも、
現実で、なんらかの行動を起こして、
メリットを得る方が、
断然、やる気が起こるということです。

行動を起こすことは、
何もどでかいことをしなければいけない
というわけではありません。


できるかできないかは、
頭の中で考えるものではありません。

あれこれ頭で考えずに、
ペンでも持って自分の考えを明確にすること。

目の前のできることから始めて、
その結果、持続するかしないかです。

簡単な行動を起こして、メリットを得ることで、

ギャラリー
  • 「やる気」を起こさせるには確率を上げる必要もあります。
  • メリットとデメリットを使うことで、「受け取り方」を変える。
  • 行動を起こしてメリットを得る。
  • タバコの止め方
  • どうやって行動先行型に変えるのか。
  • 重要な決断を迫られたときに知っておきたいこと
  • 今、我々に必要なもの
  • 人はなぜ生きるのか
  • 生きにくい社会