目的なくして生きられない人

目的なくして生きられない人
意識を失う、意識性を失う、同じような言葉に見えても意味は全く違う。意識を失うとは文字通り失神であるが眠っている間や自覚症状のない状態も一部含まれる。意識性を失うとは意識的に自分を制御できていない状況のことである。
CIMG3011

人が行動を起こすときには、
何か動機があると考えるのが一般的です。

生きるということ、それ自体でも
何か目的があると考えるのが普通です。


公園で声を張り上げ
走り回って遊んでいる子供を見て、
目的や理由をもって遊んでいると思いますか?
 
もっといえば、おんぎゃ~と
産まれたばかりの赤ん坊は
目的を持って生きていると思いますか?


人間は、一般動物と同じように、
基本的には目的がなくても
生きていける生き物です。

しかし、社会で生きていく我々にとって、
それだと不都合が生じるという理由から、
目的や目標を持った生き方をするよう、
親や、周りの大人から教えられます。

それがいつしか、
目的・目標を持つことが
人間の生き方だと
認知されてしまったようです。


子供のころ、よく親から
「どうしてそんなことをするの!」と
叱られたりしたことがあったはず。

しかし、子供時分は、目的などなく、
思考よりも行動がいつも先行していたため、
理由や目的を答えることは難しかったはずです。

しかし、
目的や理由のある行動をするようにを教えられ、
いつしか、自分の行動に
目的や動機を問いかけることを身につけます。


このような生き方は、
人に退廃的な生き方をしなために
役立っているのかもしれません。

目的・目標のない生き方は、
何でも途中で投げ出し、
根無し草のような生き方になりかねません。

目的・目標を持つことで、
人に忍耐や努力を教えるきっかけにもなります。

効率性の面でも、
無駄を省いていいかもしれない。

また、目的・目標を持つことは、
その人に安心感を与えてくれるものです。

目的や目標を持つことで、
ある決まったレールが敷かれるからです。


しかしです。

生きることに目的がなくては
生きていけない人になっていないだろうか。

目的がなくなったとたんに
生きることができなくなる人が
最近増えてきています。

自殺者が3万人を超える日本社会で、
一つ言えることがあります。

一つの目標、一つの生き方がなくなれば、
生きていけない人間が増えたということです。


リストラにあい、
打ち砕かれる思いをする人がいます。

会社の経営に行き詰まり、
倒産に追い込まれ、
すべてを失ったと感じる人がいます。

夢を追いかけてきたはいいが、
現実の壁とぶち当たり、挫折し、
生きる望みを失う人がいます。

恋人にどっぷりつかり、
振られたとたんに生きていけないと
感じる人がいます。


人には何らかの形で、
生きることが辛くなるときがあります。


人を支えているのは環境です。
その環境から見返りがなくなれば
生きることが辛くなってしまいます。

一つの環境にしか身をおいてこなかった人は、
その環境から見返りが得られなくなると、
それで人生が終わったと感じてしまします。


仕事人間だった人が、
会社が倒産して
そこから見返りが得られなくなると
生きていくことができなくなる。

仕事も家族も友人も自分の趣味も、
多くのものから見返りを受けている人は
危機に陥ることはありません。


恋人も自分の生活も仕事も、
全部大事にしてきた人なら、
恋人に振られても、落ち込むことはあっても、
生きることが困難になることはありません。


目的がなくなったからといって、
人は生きていけないわけではありません。


今、生きることに困難を感じているなら、
それは仕方がありません。

しかし、それは「生きていけない」
という意味ではありません。

一つの環境にしか
自分を置いてこなかっただけに
環境から見返りがなくなっただけの話です。

今が生きづらいだけです。

新しい環境が見つかるまでの
しばらくの間だけ・・・。


まとめ
 
目的がなくなったからといって、
人は生きていけないわけではありません。


今、生きることに困難を感じているなら、
それは仕方がありません。

しかし、それは「生きていけない」
という意味ではありません。

一つの環境にしか
自分を置いてこなかっただけに
環境から見返りがなくなっただけの話です。

今が生きづらいだけです。

新しい環境が見つかるまでの

目的・目標を失ったときどうするか

目的・目標を失ったときどうするか
成功したことがない人が書いた成功法則、そもそも成功とは何だろう。巷間あふれる成功法則、自己啓発本にあなたは違和感を感じていないか。人間は環境の生き物である。意志や選択、意識すると言うことはどういうことだろう。
CIMG3012

定年をむかえ、隠居生活を迎えるにあたって
生きる望みを失う人がいます。

子育てを終えて、何もすることがなくなった主婦が
生きていくことにむなしさを感じることがあります。

多くの人が、それまでの環境が変わったとたんに、
生きる目標を失い、生きることが辛くなることがあります。

周りは趣味でも何でも見つけて
何かを始めればいいと言います。

しかし、何かを始めようにも
何もやる気が起きない。

かといって、毎日だらだら過ごしているのが嫌で仕方ない。

「このままではいけない」
そんなプレッシャーだけが自分の中に込み上げてくる。


仕事をしているときは、
ボケーっとしていられる時間がほしいと思っていたのが、
実際に目の当たりにしてみると、
これが非常に苦痛なのです。

日に日に増す重圧が嫌でたまらない。
そんな毎日を送っている。


こんな人は意外と多いものです。

現代社会の象徴ともいえる人たちかもしれません。

現役の頃はバリバリ仕事をこなし、
目的を持って生きてきたはいいが、
目的や目標を失ったとたんにつまずく人たちです。


多くの人は、目的、目標を見失うと、
何をしていいのか分からない。

何もしなくてもいいと言われても、
それは苦痛でしかない。


人は環境からの見返りで生きています。

環境が望む生き方がそこにあって
生きていけるのです。

目的や目標も、
環境側の見返りを受けて作られます。

今、目的や目標が見つからないのは、
今いる環境があなたに何も望んでいないということです。

今の環境はあなたに何も与えてくれない。

だから今のむなしい自分がいるのです。


つまり、あなたが今しなければならないことは、
今の環境から抜け出ること。

今いる環境の中で必死になって
無いものを探そうとするのではなく、
自分に見返りを与えてくれる環境に身をおくことです。

今の環境に身をおいていても
環境は何も応えてくれません。

あなたに何も求めてはくれません。


新たな環境に身をおくこと、
そこに新たな見返りが生まれます。


あなたにやる気を起こさせてくれるもの、
それは内なる心にあるのではありません。

外なる環境にあります。

目的、目標を持とうと、あれこれ頭を悩ますのではなく、
新たな環境を見つけに行動することが先決です。

行動を起こせば、新たな環境が作られます。


まとめ

今、目的や目標が見つからないのは、
今いる環境があなたに何も望んでいないということです。

あなたが今しなければならないことは、
今の環境から抜け出ること。

新たな環境に身をおくこと。

そこに新たな見返りが生まれます。


あなたにやる気を起こさせてくれるもの、
それは内なる心にあるのではありません。

外なる環境にあります。

目的、目標を持とうと、あれこれ頭を悩ますのではなく、
新たな環境を見つけに行動することが先決です。

我々が満たされないのはなぜか

我々が満たされないのはなぜか

CIMG3013

毎日、一生懸命生きています。

仕事に家庭に趣味に、
一般に言われる幸せは
全部手に入れてきました。

しかし、物足りない。

毎日充実した日々を
送っていながらも、
どこからともなく
虚しさが込み上げてくる。

これがまさしく、
メンタリストが言う、
無意識に抑圧された
未解決の心の問題なのだろうか。

心の奥に潜む空虚感、
喪失感のせいだろうか。


日本人はいくら富を築いても、
いくら名誉を手にしても
満たされないといいます。

満たされない思いを、
ブランド物で補おうとしている、
なんていう言う人もいます。

ブランド物を買いあさるのは
心が貧しい証拠。

日本人はブランド好き。

だから日本人は心の貧しいのだと。

色々言われています。


人はものを所有することで満足できない。

それは確かなことです。

しかし、その理由は、
心が貧しいからではありません。

心に満たされない愛情欲求が
あるからではありません。


今、世界を見渡しても
日本ほど豊かな社会はありません。

いくら経済が滞っているといわれても、
日本が裕福なのは確かなことです。

ならば、日本人は十分に
満たされていていいはずです。

それがなぜか将来に不安を抱き、
何を焦っているのか、何を恐れているのか、
不安を身にまとい生きています。

ゆとりがほしいと言いながらも、
自分で積極的に作ろうとはしません。

我々が満たされない理由。

言うまでもありませんが,
心の中に空虚感や喪失感が
埋もれているからではありませんよ。

心が貧しいから
満たされないのではありませんよ。

そんなメンタリストな考え方は捨ててください。

そんな考えでは、いつまでたっても満たされません。


満たされない理由は2つあります。

一つは、人間という生き物自体が、
貪欲にできているということ。

人は、次から次へとものを欲しがり、
飽きのこない欲求を持っています。

「隣の芝生は青く見える」といいます。

ないものねだりというやつですね。

これは生きている証であって、
それは責められることでも、
非難されることでもありません。

人間の生きる姿それ自体が
貪欲にできているのです。

その理由は・・・・


学習理論に基づけば、
次から次へとものを欲しがるのは
当たり前のこと。

欲しいものを手に入れると、
それはメリットとなります。

メリットのある行動は繰り返される
(行動分析の基本ですね)

欲しいものを手に入れ、
メリットを得ると、
ものを欲しがる行動の
生起頻度が上がります。

ものを手に入れ、
メリットがある以上、
人は次から次へと
ものを欲しがることになります。

物質的に人が満足できないのは、
手にすればするほど、メリットを得て、
それだけ物欲行動の生起頻度が
上がるためです。

脳が、さらなるメリットを得るために、
物欲行動を起こさせようとします。


富や名誉はもちろん、
お金で買えるすべてのものを
手にしてきた人でも
満たされない人がいます。

それもそのはず、
手に入れれば入れるほど、
人は次から次へと
ないものねだりをはじめます。

学習理論からすれば
当然の結果です。


人は環境から見返りを受け、
メリットのある行動を持続していきます。

飽くことがあれば、
メリットがないことであり、
行動を持続させていくことが
できないことになります。

それは、生きていくことが
できないことを意味します。

つまり、逆に、
飽き足りない、満たされないのは
生きている証拠ということになります。

まず、この事実を知っていてください。


そして、もう一つ、
我々が満たされない理由があります。

これは、あなたの生きる姿勢に関わったものです。


まとめ

人はものを所有することで満足できない。

それは確かなことです。

その理由は・・・

欲しいものを手に入れると、
それはメリットとなります。

メリットのある行動は繰り返される
(行動分析の基本ですね)

欲しいものを手に入れ、
メリットを得ると、
ものを欲しがる行動の
生起頻度が上がります。

ものを手に入れ、
メリットがある以上、
人は次から次へと
ものを欲しがることになります。

物質的に人が満足できないのは、
手にすればするほど、メリットを得て、
それだけ物欲行動の生起頻度が
ギャラリー
  • 「やる気」を起こさせるには確率を上げる必要もあります。
  • メリットとデメリットを使うことで、「受け取り方」を変える。
  • 行動を起こしてメリットを得る。
  • タバコの止め方
  • どうやって行動先行型に変えるのか。
  • 重要な決断を迫られたときに知っておきたいこと
  • 今、我々に必要なもの
  • 人はなぜ生きるのか
  • 生きにくい社会