マイナス思考の仕組み

マイナス思考の仕組み
明確な意図を持った行動または動作、知覚状態にはあるが能動的でない行動または動作。意識は覚醒しているが認識していない無意識な行動または動作、潜在意識・不随意意識・知覚意識。
CIMG2266

物事には二つの捉えようがあります。

いいように捉えるか
悪いように捉えるか。

プラス思考とマイナス思考です。


新しいことを何か始めようとするとき、
あなたなら、どう考えるだろうか。

「必ずできる」と考えるか、
「できるわけがない」と考えるか。


「協調性がない」といわれたら、
あなたはそれをどう捉えるか。

「個性の強い人間」だと捉えるか、
それとも、「社会不適応な人間」だと捉えるか。


物事をどのように捉えるかで、
その人の人生や、
些細な感情さえも変わってきます。


この物事の捉え方の違いは
どこからくるものでしょうか。

性格の問題じゃありませんよ。

これも強化随伴性によるものです。

つまり、
メリットがあるかないかです。


ここで一つ質問です。

あんたはプラス思考ですか?
それとも、マイナス思考ですか?

おそらく、マイナス思考の方が
多いのではないでしょうか?

その理由を少し述べてみたいと思います。


プラス思考とマイナス思考
どちらの思考に基づき行動するか。

そこが鍵です。

プラス思考に基づき行動を起こし
そこにメリットを受けることができれば
プラス思考が出来上がります。

新しいことを始めるにあたり
「絶対に成功する」と考え行動を起こし
実際に成功すれば、
その人の後々の人生もしっかり
プラス思考で維持されることになります。

逆に、マイナス思考は、
新しいことを始めるにあたり、
「不安だ」「駄目だ」「無理だ」
「うまくいくはずがない」
そう思いながら行動を起こし、
そこにメリットを得ることができれば
マイナス思考の出来上がりです。


マイナス思考がやっかいなのは、
行動を起こした結果、
うまくいってもいかなくても
メリットになることです。


マイナス思考に基づいて
行動を起こした結果、うまくいった。

うまくいけば、メリットです。

初めに思っていた
「不安だ」駄目だ」「無理だ」
そんな一連のマイナス思考は
取り越し苦労に終わった。

でも、その取り越し苦労のおかげで
うまくいったと学習されてしまいます。


うまくいかなくてもメリットになるのは、
「駄目だ」「無理だ」と思うことで、
あらかじめ傷つく度合いを下げてくれます。

無理だと思っていて、
本当に無理でも正解です。

「やっぱり」と諦めがつきます。


また、鼻からマイナス思考でいれば、
プラスになったときに
大きなメリットが受け取れます。

無理だと思っていたものがうまくいけば、
それだけ喜びが大きくなります。


このように、マイナス思考は
いろんな形で学習されやすいのです

メリットな面がたくさんあるのです。

マイナス思考の人が
世の中に多いのはそのためです。


マイナス思考で行動を起こすと、
それだけメリットを受けやすい。

あなたがマイナス思考なのは、
性格の問題ではありません。

今までどのような思考に基づき
行動を起こしてきたのか、
その結果なのです。


プラス思考に変えたいなら、
プラス思考に基づいて行動を起こし、
メリットを得ること。

そうすれば、あなたも
プラス思考の人間に生まれ変わります。


まとめ
 
マイナス思考がやっかいなのは、
行動を起こした結果、
うまくいってもいかなくても
メリットになることです。

マイナス思考に基づいて
行動を起こした結果、うまくいった。

でも、その取り越し苦労のおかげで
うまくいったと学習されてしまいます。


うまくいかなくてもメリットになるのは、
「駄目だ」「無理だ」と思うことで、
あらかじめ傷つく度合いを下げてくれます。

また、鼻からマイナス思考でいれば、
プラスになったときに
大きなメリットが受け取れます。

マイナス思考で行動すると、
それだけメリットを受けやすい。

マイナス思考の人が

あなたは神を信じますか?

あなたは神を信じますか?
意識追認不存在、神の定めと意識性は共在する。思索の切り口訴求の切り口、意識性とはただ起きている状態を指すのではない。自分の意識を客観的に自覚しつつ行動を選択している状態を言う。我が意がままならぬ、神心ブランド、骨子は紙かPC、展開は機動性のスマホ、何でもいいから仕上げること。即物的刹那に生きる、人生の総和はすべての人に等しい。自意識の空白を楽しむ、意識状態の細分化。
CIMG3008

ある大学生の会話。

「なぁ、神様はいると思う?」
「年末年始や商売繁盛の恵比寿参り、
何かと神を称えたお祭りがあるけど、
みんな本気で神の存在を信じているのかな?」

「まさか、これほど科学が発達した世の中で
神の存在を信じるなんて昭和一桁生まれの人間か、
カルト宗教にとり付かれた人間ぐらいだよ」

「そうかなぁ。みんな必死で祈っているのを見ると
あれはどうも本気だよ。」

そこに精神分析学を専攻する幸一君が現れた。

「幸一、どう思うよ。
どうして、みんな祈るんだ?
本当に神の存在を信じているのか?
精神分析家からして、あの行動はどうみるんだ?」

「そうだな。ユングの精神分析理論からすると、
誰もが心の奥底に神の存在を宿しているとされている。
その証拠に、どの文明社会でも神を創造し、神をたたえてきた。
でも、俺自身の見解では、目に見えないものを信じてしまうのは
不安の現われじゃないかと思う。
心の奥底に不安や自信のなさがあるから祈るんだよ。
一種の依存心の現われなんじゃないかな。
だから、神に祈る人ほど依存心が強い。
そして、それがまた自分の自信のなさにつながっている。」

そこに、先ほどから会話に耳を傾けていた
行動分析を専攻するかずひさ君が口を挟んだ。

「おいおい、いい加減にしろよ。
そんな勝手な憶測で人を見てどうするんだ。
自信がある奴でも祈る人はいるだろうし、
自信がなくても祈らない奴もいる。
依存心が強いからって神を信じることとは
別問題じゃないか。
神に祈りを捧げる行動は迷信行動といわれるものだよ。」


「迷信行動」

ある行動を起こし、
そこにたまたまメリットを
得ることができると、
その行動を学習してしまう。


ハトの実験にこんなものがあります。

実験箱の中で飼っているハトに
15秒間隔で餌を与えます。

餌を与える直前、
このハトはたまたま右にくるりと回りました。

くるりと回った直後に
餌を得ることができたハトは
右に回る行動を学習してしまったのです。

ハトが右に回る行動と
餌が与えられるのは関係ありません。

15秒経てば
嫌でも餌は出てきます。

しかし、右回りの行動の直後に
メリットが与えられたハトは
この行動を学習してしまったのです。


昔々、生贄は実際に行われていたそうです。

初めは誰かが勝手に言い出したことでしょう。

しかし、それを実際に行動に移した結果、
本当に願いがかなってしまった。

生贄を捧げた結果、
今まで降らなかった雨が降った。

それが生贄のおかげでなくとも、
生贄を捧げることを学習してしまったのです。

迷惑なお話ですね。


人はある行動を起こし、
そこにたまたまメリットが与えられると、
その行動を学習してしまいます。


験を担いで意味のない行動をすることは
よくある話です。
(もちろん、当人にとっては意味のある行動です。)

競馬をする前には
カツカレーやカツ丼を食べる人がいます。

食べて後、競馬で勝てれば
また繰り返されます。


大事な試合前には、パンツを左足からはく
スポーツ選手がいると聞きました。

まさに、迷信行動です。


いんちき臭い黄色の蛇革財布、
金メッキの幸せを呼ぶネックレス、
「この宇宙パワーで持って、大金持ち!」
そんなものを買う人はいるのか?と思うのですが、
実際にたくさんいるようです。

チラシ広告でも紹介されているように、
実際に宝くじにも当選しているようです。

しかし、これは
何百、何千、何万という人の中の
一部分の人のこと。

全員が全員、
当選しているわけではありません。

大多数の人が
財布やネックレスを持ち歩き、
その中の一人が当選したにすぎません。


当選しなくても、
何かいいことが起きれば
そのアイテムのおかげだと思うものです。

実際には
財布やネックレスのおかげでなくても、
たまたまそれを持ったことで
メリットを得ることができれば、
買った本人は財布やネックレスのおかげだと
信じてしまうのです。

迷信行動です。


神様に祈るのも同じです。

何が功を奏したのか分からない。

しかし、お祈りをした結果
そこにメリットがあれば、
その行動を学習してしまいます。

メリットなんて何でもいいのです。

お祈りした結果、事がうまくいった。

お祈りした結果、試合に勝つことができた。

お祈りした結果、合格することができた。

お祈りした結果、病気がなおった。

お祈りした結果、手術に成功した。

お祈りすることで安心できた。

お祈りすることで不安が消えた。

いてもたってもいられない気持ちが
祈るという行動によって解消された。

お祈りをしたことでメリットが得られると、
実際にはお祈りのおかげでなくても
人はお祈りが功を奏したと考えてしまいます。
  

多くの人は意味があるのか
ないのか分からない行動を起こします。

その行動と結果に
因果関係はないでしょう。

妥当性もないでしょう。

多くの行動は十中八九、
迷信行動によるものです。

たまたまメリットがあれば、
人はそのおかげだと信じてしまう。

単なる偶然を
ありもしない未知なるパワーに帰してしまう。


環境からの見返りで生きている以上、
そのような捉え方をしてしまうのは
仕方のないことです。

しかし、怪しい商売にも
利用されていることを知っておきましょう。

そして、この人間行動分析学が
詐欺に応用されるとこともあります。

つまり、人間行動分析学を利用すれば
簡単に人を騙せるということです。


それを次回、お話したいと思います。


あ。。。占について書くの忘れていました。

占は、実際に占にしたがって行動を起こし
そこにメリットがあれば、占を信じる人になるということです。

占を信じない人は、占にしたがって行動を起こしたことがない人。

信じないけど、気になる人は、占にしたがって行動したけど
メリットがなかった人ということになります。


「やる気が出ない本当の理由」の読者さんの
今週のラッキーカラーはブルーです。

↑こんなことを言われて、実際に
ブルーを基本に一週間過ごして、いいことがあれば、
あなたは、僕の信者となります。


まとめ
  
「迷信行動」

ある行動を起こし、
そこにたまたまメリットを
得ることができると、
その行動を学習してしまう。

多くの人は意味があるのかないのか
分からない行動を起こします。

たまたまメリットがあれば、
人はそのおかげだと信じてしまう。

環境からの見返りで生きている以上、
そのような捉え方をしてしまうのは
仕方のないことです。







からの引用です。

だまされやすい人

だまされやすい人
自分がなぜ動けないのか、自分としての意識、自分の行動を決する魂あるいは潜在意識は環境の影響で行動の動機が規定される。潜在意識の動機を意識は追認する。意識には願望がありそれを自分の考えとしている。できない理由、踏み出せない理由はただ一つ自分の潜在意識に行動の変化をもたらすだけの環境が整っていないということに他ならない。意識はうわばみのようなものの、とすれば自己変革を自分の意識で達成することはできないことになる。一方では自分の行動力不足を言い訳することも可能になるというおかしな関係である。
CIMG3010

N君は友人とパチンコに行った際、
お金を貸して欲しいと頼まれ、
数万円貸したことがありました。

その友人は「ありがとう」といって
そのお金でパチンコを始めました。

その友人は、そのとき大勝ちして
借りたお金に色を付けてN君に返しました。

N君は、ちゃんと返してもらったので一安心。

しかし、それからたびたび、
その友人はお金を貸してくれと
N君に頼むようになります。

お金を貸してくれたというメリットが、
N君にお金を借りに来る原因ですね。

N君も、ちゃんと返してもらっていたので、
特に断る理由もなく、貸し続けていました。

しかし、その額が、初めは数万円だったのが
次第に高額になり、何十万という金額になっていきました。


高額になるにつれ、それだけのお金を
すぐに用意して返せるものでもなく、
期日を過ぎることもしばしばありました。

それでも、何とか、利子もしっかり付けて
返してくれていたのですが・・・。

額が100万円を超えたとき、連絡が途絶え、
1ヶ月が過ぎ、2ヶ月が過ぎ、
とうとうトンヅラされたのです。


その話を周りにしたN君は、
「なんでそんな大金を貸すの!貸すほうが悪い!」
などと責められるのです。

確かに、100万という高額なお金を
友人という名目だけで貸してしまった
自分の落ち度を感じます。

しかし、そうは思いつつも、
自分でもなぜ貸してしまったのだろうと
腑に落ちないのです。


それもそのはず、
N君は、まんまと行動の術中に
はまってしまったのです。


人は、一度、メリットを受け取ると
相手を信用してしまいます。

ここでのメリットは、友人からの返済です。

貸した時の不安が、返済されることで
解消されるといったメリットがあります。

また、お礼として受け取る数万円もメリットになります。

一度、返済を受けると、
「お金を貸しても返してもらえる」
といった信用が作られます。

そのため、また頼まれると、
簡単に貸してしまうことになります。


そして、ここで重要なのが
順を追って徐々に額を増やしていること。

突然、100万円貸してほしいと言われても
誰も貸してはくれません。

しかし、すぐに返せるような小額なら
多くの人は貸してくれるものです。

初めは1万円から。

次に5万円、次に10万円・・・
と順を追って増やしていけば
最終的に高額なお金を借りれてしまうものです。

前にこれだけ貸して、ちゃんと返ってきたのだから
これぐらい貸しても大丈夫だろうと、
抵抗がなくなっているのです。


一般にだまされやすい人というのは、
その人が馬鹿だからでも、
世間知らずだからでも、
田舎っぺだからでもありません。

考えが浅はかだからでもありません。

その人が信じてしまうのは、
それまでの過程に問題があります。


貸すか貸さないかどちらか迷ったとき、
人は何を基準に考えるか。

それは自分の過去を基準に考えます。

N君の場合もそうです。

貸しても返ってくる。

それが幾度となく繰り返されてきた。

それが多少高額になっても返ってきた。

そのことが前提にあるために
貸してしまうのです。

一度貸してしまっているために、
断る理由もありません。

だから、貸してしまうのです。


人を信じるか信じないかも同じです。

人の言うことを真に受けても
損をしたことがない。

逆に得をしてきた人なら、
すぐに人の話を信じてしまうものです。

そこに性格や知能の問題を
絡める必要はありません。

人はそんなもので行動していません。

気を付ければいいという問題でもありません。


実際に、多くの人が
詐欺の手口でだまされています。

人を信用させるには
自分の言うことが本当であると
示してやればいい。

ただそれだけで人は信じてしまうものです。


「儲け話がありますよ。一口千円からです。
これぐらいのお金なら痛くはないでしょう。
どうです、うまくいけば数万円になりますよ」

確かに千円ぐらいなら痛くないと、
遊び気分で千円を渡してみると、
実際に数万円になって返ってきた。

「ほら、言ったとおりでしょ。
次はその儲かったお金でさらに投資してみませんか?
当たれば数十万になりますよ。
まだ千円しか投資してないのですから、
痛くはないでしょう。」

そういわれると確かに千円の出費だけです。

言われるままに儲かったお金を渡す。

結果はスカ。

しかし、千円投資した事実はあり、
儲かった事実もある。

その投資話が、単に初めから千円を騙し取る詐欺だとは
誰も気づかない。

投資話なんて初めからないのです。


まして、次の誘いに乗る人もかなりいるものです。

「また千円から始めましょう。
ほら、前に数万円儲かったじゃないですか」

そういわれるとお金を渡す人は出てくるものです。

一度いい思いをすると、
また同じことを繰り返す。

メリットのある行動は繰り返される、ですね。

詐欺を見破るのは、
詐欺の手口を知るしかありません。

行動の術中にはまれば、
人は誰でも信じてしまいます。


人を信じることができる社会に育ってきた以上、
仕方のないことです・・・。


  
まとめ
 
一般にだまされやすい人というのは、
その人が馬鹿だからでも、
世間知らずだからでも、
田舎っぺだからでもありません。

考えが浅はかだからでもありません。

その人が信じてしまうのは、
それまでの過程に問題があります。

メリットを与えてやれば
人は信じてしまうものです。


行動の術中にはまれば、
人は誰でも信じてしまいます。

人を信じることができる社会に育ってきた以上、
ギャラリー
  • 「やる気」を起こさせるには確率を上げる必要もあります。
  • メリットとデメリットを使うことで、「受け取り方」を変える。
  • 行動を起こしてメリットを得る。
  • タバコの止め方
  • どうやって行動先行型に変えるのか。
  • 重要な決断を迫られたときに知っておきたいこと
  • 今、我々に必要なもの
  • 人はなぜ生きるのか
  • 生きにくい社会