ストレスをどう見るか

ストレスをどう見るか
意識を黙らせることは難しい。言葉がなければ思索できない。魂の認識を言語に置き換えたもが意識である。関ヶ原に雪がないように言葉がないと認識できないのか。魂が言葉を得たそこがすべての始まりである。環境と巡り合わせで決まる。このプログラムの選択権は自分にはない。
CIMG2289

人は、仲のいい友人であっても、
一緒にいるだけで
何らかのストレスを
感じているそうです。

自分の言ったことが
相手に伝わらなかったり、
自分の気持ちを抑えて、
相手に合わせようとしたり。

自分の思い通りにならないことで、
何らかのストレスを感じているそうです。

社会で生きている以上、ストレスは、
誰もが経験していることになりますね。

現代社会に起きている
人間関係の希薄化と
結び付いているのでしょうか。


それはさておき、
一般に、ストレスとは、
マイナス的要素に捉えられ、
人をうつ病など精神的な病に陥れる
厄介者として見られがちです。

しかし、ストレスの本性とは
そんな冷めたものではありません。

人が環境の中で生きていく上で、
大きな役割を果たし、
人の生存を助けてくれるものです。

というのは、ストレスは、
人が意味のない行動、
メリットのない行動を
とらないように仕向けてくれる
ありがたいものなのです。

デメリットを受けるものから
回避してくれる、
ありがたい存在なのです。

ストレスがあるおかげで、
人は自分に不利益な行動を
とらないで済むのです。


退屈な人と一緒に時間を過ごすことは
苦痛で、時間の無駄に感じるものです。

そういう時、ストレスが発生して
その行動を持続しないようにしてくれます。

嫌いな人と一緒にいるだけで
イライラしてストレスがたまります。

そのイライラのおかげで、
その後、その人と逢わないように
心がけようとします。

また、退屈な仕事、やりたくもない仕事、
そういった自分に不利益なところで
ストレスを覚え、その場面を回避しようとします。

自己防衛の手段として
ストレスは一役をかっているのです。


ストレスとは
自分の精神状態を壊そうとする
厄介者ではありません。

逆に、自分を守ろうとする
大事な存在なのです。

それが正しいストレスの捉え方です。

しかし、ストレスがあるからといって
避けていればいいというものではありません。

社会はそれを許してくれません。

本人とって、それが苦痛で、
行動を持続していくことが難しくても、
社会要請上、とるべき行動があります。

勉強、仕事、育児などがそうですね。

自分が思ったように
見返りが得られない時でも、
それを持続していかなければ
ならないときがあります。

ここが難しいところです。


そういう時は、
ストレスとうまく
付き合わないといけません。

勉強がはかどらないといって
投げ出すわけにもいきません。

仕事がうまくいかないといって
やめるわけにもいきません。

子育てにイライラするからといって
育児を放棄するわけにはいきません。

環境からの見返りが
十分に受け取れないとき。

自分の思っていることが
うまく運ばないとき。

そのような時、人は
ストレスを覚えるようにできています。

ならば、環境を整えるか、
もしくは、自分の思い上がった信念を変えるか、
どちらかで対処することが必要になってきます。


環境を整えるとは、
勉強で言うと、塾に通う、家庭教師を雇う、
などが挙げられます。

勉強そのものから
見返りを受けることが困難な場合、
周りから見返りを受けられるようにします。

仕事でも、仕事そのものから
見返りを受けることが出来ず、
ストレスがたまってくれば、
自分の好きなことをして
発散させてやるのです。

育児でいうなら、
周りに援助を求めるなどがあります。


自分自身を変えるというのは、
勉強でいうと、志望校を変えるなり、
目標設定を下げる。

仕事なら開き直るのも手です。

育児でも開き直ることが大事だといいます。

そうやって、本人に合った何らかの対処法で
ストレスとうまく関わることです。


ただ、知っておきたいのは、
ストレスとは
自分を滅ぼそうとするものではありません。

自分と環境との均衡が
保てていないことを教えてくれる、
「警報機」みたいなものです。

ストレスを感じたら
ストレスを厄介者として
追いやるのではなく、
ストレスを感じる環境や自分を
見直してみてください。


まとめ

ストレスとは
自分の精神状態を壊そうとする
厄介者ではありません。

逆に、自分を守ろうとする
大事な存在なのです。

自己防衛の手段として
ストレスは一役をかっているのです。

自分と環境との均衡が
保てていないことを教えてくれる、

不快な感情が根付くわけ

不快な感情が根付くわけ
魂の声を聞くことは難しい。意識が言葉を連続するため途切れることがない。意識から言葉を消すことは多大の労力を必要とし尚かつ完全に消し去ることは不可能である。そもそも魂と意識は分離したものなのであろうか。意識がたましいのうわばみであるとすれば意識もまた魂の一部であると考えるのが順当ではないだろうか。意識とはいえ魂の一部でありそれが間欠泉のように常時言葉を噴き出していると言うことであろう。とすれば意識に上る思索や雑念も魂の言葉であり魂の構造も階層的になっていると考えて良い。それにしても思索とは何ぞや。いったい誰が思索しているのか。言葉になる事で思索は形になる。意識が思索するのではなく魂の思索の投影であると考えてよさそうだ。
CIMG2280

人は生きていくうえで、
さまざまな困難や苦痛と出くわします。

近親者との死別、恋人との別れ、
挫折、失敗、裏切り、などなど。

それでも人は生きていけるものです。

しかし、時にそれが
うまくいかないときがあります。

辛い出来事があった時点で
足踏みしてしまい、
前に進まなくなってしまうことがあります。


いつまでもマイナス感情に
悩まされながら生きている人。

いつまでも続く不快な感情に
悩まされ生きている人。

その人たちは
なぜそうなってしまったのでしょう。


「自分のとった行動の結果、
そこにメリットが得られると、
その行動の生起頻度が上がる」

定説です。

恋人に逢いに行って
楽しい時を過ごせた。

すると、さらに
その恋人に逢いたくなります。

マイナス感情も同じです。

「マイナス感情に根付いて行動した結果、
そこにメリットがあると
そのマイナス感情は活きてくる」

寂しいからといって異性を求めて、
その結果、楽しい時を過ごせると、
その行動の生起頻度が上がる。

つまり、寂しいという感情を発端に
異性を求めるという行動が多くなります。

と、同時に
その行動にまつわるマイナス感情も
学習されています。

マイナス感情がある→行動を起こす
→メリットが得られる。

この一連の行動パターンが学習され、
マイナス感情の発生頻度も上がることになります。

マイナス感情は
本人が行動を起こし
メリットを得るための
格好の刺激となっているのです


ここで注目したいのが、
本人にとってはマイナスである不快感情も、
結果的にはプラスに作用しているということです。

自分に劣等感を持った人が、
その劣等感を払いのけようと
勉強に励み、その結果、
大きな成果を得た。

すると、その人は
更なる劣等感に苦しむことになります。

またしても、
どこから湧いて出てきたのかわからない
さらなる劣等感を払いのけるため
さらなる大きな目標をつくり
さらなる努力を続けることになります。

劣等感は、
その人が大きな成果を得るための
大事な刺激になっているのです。

脳が勝手に劣等感の生起頻度を高めて
大きな成果を得ようとするのです。

それが学習というものです。


自分の感情を処理するために、
人は多くの行動をとります。

特に、マイナス感情というものは
それだけでストレスを生むものです。

ストレスなだけに
どうにかしようと
いろいろ行動を起こします。

しかし、マイナス感情に根付いて
行動を起こし、そこにメリットを得ると
そのマイナス感情は活かされることになります。

マイナス感情の生起頻度が上がり、
更なるマイナス感情の処理のために
更なる行動を起こさなくてはなりません。

収まりが付かなくなり
深みにはまっていきます。

アルコール依存、薬物依存、
家庭内暴力、放火、万引き、
社会に起こっているさまざまな問題を含めて、
このスパイラルが大きな原因です。


「人恋しさに飲んだ~酒が~~、
なお人恋しく~さ~せる~~」

一時、清酒のテレビコマーシャルで
こんな歌詞を聞き覚えありませんか?

その理由がここから
お分かりいただけると思います。

メリットがある限りその行動、
またはそれにまつわる感情、思考も学習され、
生起頻度が上がると認識しておきましょう。


まとめ

マイナス感情に根付いて
行動を起こしメリットを得ると
そのマイナス感情は活かされることになります。

マイナス感情の生起頻度が上がり、
更なるマイナス感情の処理のために
更なる行動を起こさなくてはなりません。

収まりが付かなくなり
深みにはまっていきます。

メリットがある限りその行動、
またはそれにまつわる感情、思考も学習され、

不快な感情の処理の仕方

不快な感情の処理の仕方
意識が幻想でるとすれば魂もまた幻想である。魂の選択とは種族維持本能に基ずく自己保存の選択である。より安全いんにより快適にを基準に選択は起こる。基本的に変化は未知のリスクを伴うため選択されにくい。環境の激変が変化をもたらすとき新たな選択はなされる。新たな選択を我がものとするためにできることは小さな選択を積み上げることしかない。自分で何かを変えたいと思ったとき変化への選択が始まっている。ビジョンを描きプロセスを視覚化し小さな変化を意識的に選択する。その先に大きな変化への選択がまちうけている。そうなるためのエネルギー集中が生まれていない。その環境でしか生まれないエネルギーがある。環境変化への小さな選択の積み重ねが変化への大きな選択につながる。
CIMG2275

人は、不快な感情を何とかしようと
行動を起こすことがあります。

・寂しいから

・悔しいから

・不安だから

・怖いから

その結果、その感情は以前より増して
自分の行動を支配するようになります。

というのが以前のお話でした。

今回は、その不快な感情を
どのように扱うかです。


ある不快な感情に基づいて行動を起こし、
そこにメリットがあると、
一連の行動パターンは学習され、
生起頻度が上がってしまう。

すると、嫌でも不快な感情が湧き出てきて
人は同じ行動を繰り返してしまうのです。

一度身についた行動パターンを
なくすことは非常に難しいものです。

しかし、できないわけではありません。


不快感情をうまく処理をして、
健康的な生き方をするためには
どうすればいいのか。

生きている限り、
不快感情をまったく感じないで
生きていくことはできません。

しかし、うまく対処すれば、
不快な感情を感じる期間を
最短ですませる方法があります。

いつまでも嫌な思いに悩まされることなく
前向きで、建設的な生き方をする方法・・・

それは・・・

「環境適応能力」を使います。

人は自分自身の体を変化させて
環境と上手く関わろうとします。

この能力にあやかるのです。


あなたはマラソン選手です。

完走するためには
スタミナを付けなければなりません。

そこで、あなたはどうしますか?

毎日、苦しい練習を繰り返し、
完走できる体を作りますよね。

苦しい環境から逃げずに練習を続け、
耐え抜くことで、次第に体が変化していきます。

すると、次第に
苦痛が苦痛ではなくなっていきます。

その環境に適した体が作られていきます。

これを、「スタミナがつく」といいます。

逆に、苦しいからといって
その環境から逃げてしまえば
スタミナはつきません。

その環境から逃げてしまえば
苦しみから逃れられるということで、
「逃げる」という行動パターンが
学習されることになります。

体を変えようとせず
環境を変えてしまうことが
「逃げる」ということです。

これと同じで、
不快な感情も苦しいが、
逃げなければ体が適応してくれます。

辛く悲しい事実が
自然と受け入れられるようになり、
不快ではなくなっていくのです。

悲しいからといって逃げてしまい、
どこかに甘えどころを見つけてしまえば、
その行動が学習されます。

甘えられるといったメリットが
いつまでも不快な感情を持続させます。

そして悲しみのとりこになっていくのです。


不快な感情があるならあるで、
何もしないでおくこと。

特別に何か行動を起こさないこと。

ほっておけば、不快な感情は次第に弱まり、
受け入れられていきます。

体が勝手に対処してくれます。

あなたはマラソン選手です。


まとめ

不快な感情があるならあるで、
何もしないでおくこと。

特別に何か行動を起こさないこと。

ほっておけば、不快感情は次第に弱まり、
受け入れられていくのです。

体が勝手に対処してくれます。


ギャラリー
  • 「やる気」を起こさせるには確率を上げる必要もあります。
  • メリットとデメリットを使うことで、「受け取り方」を変える。
  • 行動を起こしてメリットを得る。
  • タバコの止め方
  • どうやって行動先行型に変えるのか。
  • 重要な決断を迫られたときに知っておきたいこと
  • 今、我々に必要なもの
  • 人はなぜ生きるのか
  • 生きにくい社会