性格や人格の直し方

性格や人格の直し方
 自分と未来は変えることができるが、他人と過去は変えられないとよく言います。一見まともな話のようですが、そんな風に諦念する必要はないのです。他人も過去も変えることが出来ます。カズヒサ氏のメルマガは他人を変えることができるとしています。性格という明確に定義できない原因による他人批判よりメリットとデメリットの法則で考えればやり方が見えてきます。
過去を変える方法はここでは詳述しませんが一心に願えば後戻しということも起こりえるのです。 

CIMG2628

人がある特定の行動パターン、思考パターンを繰り返すのは、
性格の問題や人格の問題だと考えがちです。

性格の問題だから治しようがない。
人格なんてものはその人自身、変わるものじゃない。
遺伝子が勝手に決めたこと、自分ではどうすることも出来ない。
そう考えていないでしょうか。

そう考えることで、
自分や周りの人を固定的に見ていないでしょうか。

性格や人格の問題だから変えられないといって
責任逃れをしていないでしょうか。

性格の問題だから治しようがない、
人格的なものだからしょうがない、
そう思ってしまうと、
変えられるものも変えられなくなります。


確かに、心という概念を用いて
性格を直そう、人格を修正しようと考えても無理があります。
遺伝子を操作して変えようとしても現段階では無理なお話です。

しかし、人の行動を今までとは違う捉え方で見てください。

自分や周りの人間の行動は
メリット・デメリットで維持されているものだと考えてください。

そうすると、行動を修正していくうえで、
下手に内面的な感情や動機をどうにかしようとすることなく、
遺伝子もいじることなく、
自然とその人の行動を変化させていくことができるはずです。

性格や人格は、その人の行動パターンの総称であって、
心が作り出しているわけでも、
目に見えない力が働いているわけではありません。

人の行動を形成、維持するものは、
そこにメリットがあるかないかによって決まってきます。

つまりは、今の自分の性格(行動パターン)は、
何らかのメリットがあるがために維持されてきたのだと考えます。

親が望む自分がいて、周りが望む自分がいます。
あなたの周りの人たちからの見返りが
今の自分の行動パターンを作っています。

 
自分勝手で、自分の好きなことしかやらない。
ずぼらで後片付けもしない。そんな人がいます。

周りは、その人の問題は性格の問題だからどうしようもないと言います。
そういって、その人に行動を正すように直談判することなく
済ませているのです。

言っても聞かないからほっておくしかない。
そういって何も関わろうとせず終わらせることが
その人の行動を形作っているのです。

性格でも人格の問題でもありません。

そこで、この性格を直したいと考えよう。
しかし、性格は行動パターンの総称を指すものです。
だから、性格を直そうとするのではなく、一つ一つの行動を取り上げて、
その行動がどのようなメリットによって維持されているのかを考えます。

ここでは、ずぼらな性格を直したいとします。
そこで、ずぼらな性格の行動を特定しなければなりません。
ずぼらな行動は、自分が出したものもきちんと片付けないこと。


ある営業所でのこと。
得意先周りから帰ってきたTさんは、
帰ってくるなり手に持っていた缶コーヒーを
受付のテーブルの上に置きました。

どうやらおいた時の音からして中は空っぽのようです。
近くにゴミ箱があるのだからそこに捨てればいいのですが、
いつもあのようにどこかに置いたままにするのです。

次に、資料室に入り顧客ファイルを取り出し、
椅子に座ってメモを取り出します。
その後、すぐに出て行ってしまいました。

そのあと資料室に入るとあれびっくり。
全てがそのまんま。

椅子は無造作にこっちを向いており、
顧客ファイルの入った棚の扉は開けっ放し。
もちろん顧客ファイルは机の上に出しっぱなし。
それも開いたままである。
ペンも机の上に転がっており、全く片付けた気配がない。
これが日常茶飯事だそうです。

しかし、ここで周りの人に聞いてみた。
「ちゃんと片付けるように言っているのですか?」
答えは「ノー」です。

仕事ができるし、立場も上、だから直談判もせず、
そういう人だと決め付けてほったらかしにしていたのです。
性格の問題だから直しようがないと決めてかかっていたのです。
性格なんて直らない、ほっておくしかないと決め込んでいたそうです。

性格という捉えどころのないものを直そうとしても無理があります。
しかし、それを性格ではなく
その人の行動そのものを直そうとすればいいことです。

性格とは、個人の行動が集約したものです。
そう考えれば、性格というものが変えることができると分かるはずです。


では、実際に行動に介入してみます。
今の行動が成り立っているのは、そこにメリットがあるからです。
自分が出したものを片付けなくても誰かが片付けてくれる。
楽でいい。メリットです。

ならば、逆に、そこにデメリットを提示してやればいいのです。
ちゃんと片付けなければ、その片付け以上に
何かをしなければならないとしましょう。

掃除がいい。
きちんと片付けをしない人は、
オフィスの掃除もしないといけない。
そのような取り決めを全員でします。

すると、どうでしょう。
今まで全く片付けてこなかったTさんが、片付けるようになります。
時に忘れて出しっぱなしにしてしまうこともあります。
しかし、途中で気付いて戻ってきでも片付けるようになりました。


人は直接、行動に介入してやることで大きく変わります。
人を変える力を持つのは環境側にあります。
つまりその人の周りの我々自身です。

ちなみに、何度言っても効果がない人には、
物質的なメリットとデメリットが効果的です。

何回注意しても遅刻してくる人には、
「遅刻するたびに罰金500円」

その人にとって何がメリットになるのか、
何がデメリットになるのか、
それを見極めなければ効果は期待でないので要注意。

まとめ

性格という捉えどころのないものを直そうとしても無理があります。
しかし、それを性格ではなく
その人の行動そのものを直そうとすればいいことです。

性格とは、個人の行動が集約したものです。

人は直接、行動に介入してやることで大きく変わります。
人を変える力を持つのは環境側にあります。
からの引用です。

人は環境の産物である。

人は環境の産物である。
CIMG2587


 環境は人の産物である。
太平洋戦争まっただ中、「天皇陛下バンザーイ」といって、
戦艦に突撃して行った人たちがいます。

そんなことができる人は
どのような感覚の持ち主だったのでしょうか。
戦争など経験したことのない世代の人たちからすれば
到底理解できないことです。

しかし、厳しい環境の中、すがるものがなく、
そういうときにあがめる人、高貴な人を作り、
その人のために生きることが美徳と教育されれば、
出来上がりです。
自己犠牲こそ美徳であると教育されれば、
喜んで命を捧げていくのでしょう。
そこに理由などありません。

日本が近隣諸国にしてきた戦争犯罪、
これも今の世代の人からしてみれば
理解できない事実でしょう。

南京大虐殺、従軍慰安婦、
目の前で怯えきった女性を輪姦する。
慰安婦狩りと称して暴力で少女を拉致する。
どうしてそんなことができたのでしょうか。

世界を見渡せば、ナチスが行ったホロコースト。
人を密室に閉じ込めて毒ガスで大量殺戮。

現在でも中東諸国など戦争が行われている地域では、
無抵抗な女性や子供が惨殺されています。
それが当たり前のごとく繰り返されています。
どうしてそんなことができるのでしょうか。

しかしです。

我々がその時代、その場所に置かれたとき、
自分はしないと言い切れるでしょうか。
周りがしているのを、自分は何もせずに
指をくわえて見ているだけ。
そんなことができるでしょうか。

今でこそ、いろんな知識や常識、教養を身に付けはしたが、
生まれたころよりその場所に立たされればどうなるでしょう。
その場所にしか自分の居場所がないとき、
今と同じ感覚でいられるでしょうか。

まず、ありえません。

人はその環境に適した行動を身に付けていきます。
その環境でメリットとなる行動を起こしていきます。

今でも、いろんな犯罪を目の当たりにして
人間の仕業じゃない、人間ができることではない、
そうやって否定することをよく聞きます。

親が実の子を殺す。その逆に、子が親を殺す。
異常な犯罪が頻繁に行われています。

いたいけな子供たちが必死に逃げ惑う背後から、
ためらいもなく刃物を突き刺す。
それも2度3度と。全く持って考えられません。

それを精神病だとか、人格障害だとか、
普通の人間の仕業じゃないような言い方をしています。

精神病や人格障害がそうさせているように受け取っていないでしょうか。

しかし、本当のところは、
あなたと同じ人間であり同じ人間の仕業です。
そこにメリットがあるから起こされてしまうのです。

親にも見離され、誰からも相手にされず、
何をやってもうまくいかない。
何の援助もなく、同情もない。
馬鹿にされ、ののしられ、見捨てられてきた。
そこには犯罪抑止になるものは何もありません。
後は、何をすれば自分にメリットになるかです。
恨みのある人間に対して何をすればいいのか。
自分にとって不快な存在とは何なのか。
そこを突き詰めていけば答えは出てきます。

人は環境の産物です。
その人を作り出す環境があります。
異常というなら、異常を育てる環境があります。

凶悪犯罪は、その人をそうさせた環境があるためです。
異常だとか人格障害とか、病んでいるといって、
その人は特別な人間だ、自分たちとは違っているのだ、
そう言って、つまはじきするのではなく、
その行動がなぜ起こされたのかをしっかり捉え、
その上で対処していかなければなりません。

人を一括りにして枠の中にいれてしまえば、
「健常者と特別な人」といった区別が付きます。

それが一種の安心を与えるのかもしれません。
だからといって、そこに安泰していれば何も変わりません。

人を作っているのは環境です。
犯罪者を捕らえて安心するのではなく、
犯罪者を作り出す環境を変えていかなければなりません。

不良少年を捕まえて少年院へ送り込むだけでなく、
不良少年を作り出す環境こそ見張るべきものです。

金銭目的で自分を身売りする少女を保護するだけでなく、
援助交際を作り出す環境に目を向けなければなりません。

その人をつまはじきにしたところで、
同じような人物を作る環境が存在する限り、
また同じ人間が出現します。

しっかりと見るところを見ないために、
いつまでも同じような事件が繰り返されています。

環境を捉えることは難しいことだと分かっています。
環境自体を変えていくことが難しいことも分かっています。
環境の産物である人間自体をどうにかするほうが簡単なことも分かっています。

簡単だというメリットがあるために、
今まで人にしか目を向けてこなかった。
しかし、それだと、今までのように、
いつまでたっても同じことが繰り返されます。

今、我々が見るべきところは、環境にあります。

(注):異常行動・問題行動の原因は、遺伝的なものや、気質的なものもあります。
    ここでは、環境が原因と考えられるものを前提に述べさせてもらいました。

 まとめ
人はその環境に適した行動を身に付けていきます。
その環境でメリットとなる行動を起こしていきます。

人は環境の産物です。
その人を作り出す環境があります。
異常というなら、異常を育てる環境があります。

その人をつまはじきにしたところで、
同じような人物を作る環境が存在する限り、
からの引用です。

型にはまっていく人。

型にはまっていく人。

 CIMG2581
世のサラリーマンの方々を見渡しては、若者が口にします。

「よくあんな生き方ができるものだ」
「普通の生き方をして何が楽しいのか」
「個性がない」「マンネリ化した人生になる」
「マニュアル通りの生き方なんて何の魅力もない」

あれやこれやとすごい言われようですが、
そんなことを思っていてもいつしか自分も
似たような生き方をしているものです。

人は、なりたい自分がいても、なかなかなれません。
夢や希望を持っていても、そこに見返りがなければ、
いつしか社会が求める生き方をするようになります。

10代のときは夢や希望に満ち溢れ、
今の生活をしているとは夢にも思ってもみなかった。
どこでどう間違えたのか、
いつしか人は型にはまった人生を送っています。

「サラリーマンなんてクソ食らえ!」と、ののしっていた自分が
朝からお得意先周りのため電車に揺られている。

あのようにはなりたくないと思っていたが、
電車のつり革につかまりながら器用に新聞を読む自分。
帰りの電車の中での椅子取り合戦にも、
いつしか自分も参加している。

人は、願っても願わなくても環境が求める生き方をします。
いくら自分がやりたいことがあっても、
環境側から見返りが受け取れないと
それを持続させていくことは出来ません。

周りと違った生き方をするためには、
環境からの見返りが重要になってきます。
周りと違ったことをして
そこにメリットを受けなければなりません。

周りと違った生き方をして褒められる。
周りと違った生き方をして認められる。
そうでなければ、違った生き方なんてできないものです。

やる気や根性があれば、
いつまでも夢を追い続けられる?

いいえ、そんな美談は通用しません。

メリットがなければ、
人は行動を持続させていくことは出来ません。

周りと違った生き方をすることで、
自分が特別な人間に思えるかもしれません。
だから、最近の若者は
あえて周りとは違った生き方を好んでいるようです。

しかし、現実は、そこにメリットを得ることは出来ません。
親のすねをかじっている内は、好き勝手にできていたものでも、
歳をとり、自分で生活をしていくと、難しくなってきます。

マニュアルどおりの生き方を馬鹿にしてきた人でも、
メリットを得られず型破りの生き方ができなくなった今、
世間がマニュアルどおりの生き方を支持しているのであれば、
メリットのあるマニュアル通りの生き方に納まるしかありません。
 
人は、今の自分が物足りなくとも、
その状況に嫌気がさしていても、
なりたくない生き方がそこにあっても、
そこから身動きが取れないとき、
いつしか、そんな環境を受け入れる自分になっていきます。

サラリーマン生活を毛嫌いしていた人が、
朝早くに家族に見送られ会社へ向かうのです。
仕事を終え、家に帰ってゴロンと横になって、
テレビを見てくつろぐのです。
そこに安らぎを覚えていきます。
缶ビールを飲んでほろ酔いの状態が意外と居心地がいいのです。
なんとなく贅沢な気分にさせてくれるのです。
そこに安住していく自分に気づきます。

昔は、マニュアル人生を否定して、
「自分で自分の人生を築き上げるのだ!」と豪語していた人でも、
環境からの見返りが得られなくなると、
型どおりの生き方をはじめます。

「日本は型通りの生き方しかできない!」とののしっていた人でも、
日本から出ることが出来なければ、
日本人らしい生き方をするようになります。

ちょうど、不良と呼ばれる人たちが歳を取り、
落ち着いていくのと同じように、
環境から見返りが得にくくなると、
人は新たな見返りを求めて変わり始めます。

見返りの得やすい型通りの生き方へ。


 まとめ
人は、なりたい自分がいても、なかなかなれません。
夢や希望を持っていても、そこに見返りがなければ、
いつしか社会が求める生き方をするようになります。

環境から見返りが得にくくなると、
人は新たな見返りを求めて変わり始めます。

からの引用です。

ギャラリー
  • すぐにやきもちをやく人の対処法
  • すぐに不機嫌になる人の対処法
  • ごね得の対処法、バースト。
  • 性格や人格の直し方
  • 人は環境の産物である。
  • 型にはまっていく人。
  • 人は変わることができる。
  • 人の行動はメリットとデメリットで成り立っている
  • 行動の原理・世間一般の間違い
カテゴリー
  • ライブドアブログ