ひったくりが流行る理由

ひったくりが流行る理由
私たちは皆、“心”を持っていると信じています。行動を起こす前提として自分というものがありその意志と欲求に基づき行動を選択していると思っています。ところが他の動物との決定的な違いとして人間の理性や自由意志を考えてみると、昨今の脳科学では行動の後付けであるとわかってきました。自由意志が先にあるわけではなく、行動を選択した理由を後付けで納得させる仕組みになっているのです。驚くべきことではありますが、人の行動にはそれをさせる法則があり、自分の意思ではなく無意識のうちに行動の法則に従い選択しているのです。

CIMG1602

「遊ぶ金が欲しかった」
少年達は口をそろえて、そういいます。

大阪の町でひっきりなしに
繰り広げられているひったくり。

若者だけに限らず、
40,50を過ぎたおっちゃんまでも
原付に乗ってひったくりを繰り返しています。

「お金が欲しい」というのは、
お金に困っている人だけに限らず、
ゆとりのある人でも思うことです。

お金が欲しいからひったくりをした?

それなら、世の中の9割の人は
ひったくりの常習犯になります。


しかし、実際はそんなことはありません。

動機といったあやふやなもので
人の行動を捉えてはいけません。

ならば、どうして、
ひったくりをするのでしょうか?


簡単に何でも手に入る世の中だけに、
心が貧しくなり、
その代償に犯罪が繰り広げられている?

いえいえ
そんな誰かの受け売りで
人を見てもらっては困ります。


犯罪には激情犯と計画犯があるといわれます。

激情犯は、後先のことなど考えられず、
カーっとなって罪を犯してしまう。

なんとなくだが分かる気がします。

しかし、
お金が欲しいからひったくりをした。

借金があったから強盗をした。

そんな短絡的な行動を
どうして取れるのでしょうか。

計画犯となると理解に苦しみます。


しかし、これもしっかり理解できます。

それは、その行動により
大きなメリットが得られるからです。

お金を得ることが出来るのです。

それも、短時間で簡単に。

そして、大事なのが、
実際に罪を犯す人というのは、
その行動を抑制するデメリットが
一般の方より小さいのです。

仮に捕まっても、
その人たちにとっては、
一般の人が思うほどの罰には相当しない。

失うものは他にはない。

築き上げてきたものも目標もない。

今が苦しい。

捕まる可能性も低い。

そうなると、
犯罪に手を染めてしまうのも
理解できないことではありません。

また、一度ひったくりで成功すれば、
その行動の生起頻度は上がり、
繰り返されることになります。

ひったくりが流行るわけです。


馬鹿だから、教養がないから
短絡的な行動を起こすのではありません。

現に、教養ある?はずのエリート方も
計画的犯罪を繰り広げています。

政治家や警察官の汚職。

大手食品会社の不正受給。

巨大組織が不正を働いたのはなぜでしょう。

用意周到に隠ぺい工作までしてくれる。

人が理性で生きているなら、
エリート達は理性がないのだろうか?


自分の行動を統制するに当たり、
頭の良し悪しは関係ありません。

本人にとって
そうすることに大きなメリットがあり、
罰を受ける確率が低い場合、
人はメリットのある行動を選びます。

また、一人では出来ないことでも
集団だと違ってきます。

集団だと、「自分ひとり」といった
心細さや不安が緩和され
デメリットが小さくなってしまう。

集団心理により
犯罪が起こされやすくなります。


普段、人は頭で考えて
生きているわけではありません。

規範意識や道徳心に訴えかけても
効果は期待できません。

犯罪を起こしてしまうのは、
それだけの環境が整っているからです。

短絡的な行動をとらせないためには、
その人の環境ににしっかりと
メリットとデメリットを
おかなければなりません。

ひったくりをする若者には、
建設的な目標を持たすこと。

それが行動抑制につながります。

そして何より、
犯罪は検挙率を上げることが大事です。

頻繁に見られる犯罪は
捕まる率がそれだけ低いからだと言えます。


まとめ
  
犯罪を起こしてしまうのは、
それだけの環境が整っているからです。

実際に罪を犯す人というのは、
その行動を抑制するデメリットが
一般の方より小さい。

または、捕まる率が

ハイリスクの低リターン

ハイリスクの低リターン
応用行動分析学の第一人者である杉山尚子氏は、ヒトの行動の思いがけない理由「行動分析学入門」集英社新書の中で『失敗行動や犯罪の原因は、“心”に求められることが多いが、これでは評価にこそなりえても、問題解決にはつながらない。』と書いています。微妙な意味で罪を憎んで人を憎まずとは異なる概念である。人は生まれてから死ぬまで選択を繰り返します。自分の意思で選択したつもりであっても、よく考えれば過去の選択の結果が今の選択を決めていることが自明の理です。とすれば“心”とは何か、選択とは何か、行動分析学はヒントはくれますが回答は提示しません。

CIMG1605

大きなリスクを負いながらも
人に行動を起こさせるものがあります。

痴漢、ひったくり、援助交際。

ちまたで話題の犯罪は
大きなリスクがありながらも、
多くの人に大人気です。

痴漢で捕まるサラリーマンや、
現役警察官は後を絶ちません。

痴漢なんて低リターンです。

少し我慢して
電車にゆられていればいいものを、
どうしてリスクを犯してまで
手を出してしまうのでしょうか。


援助交際にしてもそうです。

お金を払ってまで
リスクを買わなくても
いいと思うのですが。

そこらに風俗店があるのだから
コスプレを頼めばいいのです。笑

やはり女子高生といった
ブランドがいいのでしょうか。


首を傾げたくなるその行動にも
ちゃんと理由があります。

罰の効果を見なければなりません。

確立の低い罰は
人の行動は抑制しにくい。
鉄則です。

行動を起こしたからといって
必ず罰があるとは限りません。

そうなると、その行動は制御されにくい。

痴漢をしたからといって
必ず捕まるわけではない。

ほとんど捕まらないのが現状です。

痴漢をしているのか、
お尻に手があたっているだけなのか、
微妙なタッチで痴漢をする。

それをとがめても
自分の勘違いで終われば
恥ずかしい思いをする。

注意するのも勇気がいります。

そんな状況が
馬鹿を野放しにしてまう。

捕まるのは
痴漢をした相手が
たまたま現役警察官だった。

警察が張り込んでいた。

それぐらい率が低いものです。

その程度の確立では
痴漢をするときの興奮を
抑えることはできないのでしょう。


援助交際にしても
十中八九は捕まりません。

運悪く、
援助した子が家出少女で
補導されてしまった。

どうやって生活していたのかを
問いただされ、
援助交際が発覚。

連絡先の付く相手が割り出される。

そして逮捕へ。

それぐらい率が低いものです。

それでは、
若い子に相手にされなくなったおじ様が、
ぴちぴちの女の子の肌に触れたい気持ちを
抑制することは難しい。

いくら、そこに罰があるとしても、
その罰を受ける確立が低い場合、
メリットのある行動が
起こされてしまう。

行動の直後に
メリットが得られるとなると、
行動は起こされやすい。


これが、
罰の確率が上がれば違ってきます。

痴漢をすれば十中八九捕まる。

女性が臆せず
痴漢相手に立ち向かうことが
できる環境になれば、
痴漢は確実に減るでしょう。


援助交際にしても、
捕まる率が高まれば、
援助をするおじ様は減る。

援助交際を誘うだけで犯罪になり、
誘われた本人が警察へ通報。

逮捕につながれば、
謝礼に1万円もらえる。

そんなことにでもなれば
援助交際はかなり減るに違いない。


馬鹿な大人を
これ以上出さないためにも、
環境を整え、
罰を受ける確立を上げたいものです。


痴漢防止に
女性専用車両ができましたね。
これは罰を用いないで
痴漢をなくす理想的な方法です。

一番いいのは、
このように罰を用いないでもいい環境を
作ることにあるのですが。

これが一筋縄では行かないのが社会です。


まとめ

いくら、そこに罰があるとしても、
その罰を受ける確立が低い場合、
メリットのある行動が
起こされてしまう。

行動の直後に
メリットが得られるとなると、

確率の低い罰は効果が薄い

確率の低い罰は効果が薄い。
おかげという言葉があります。お陰様でとは人に感謝を伝えるときによく使いいます。とてもいい言葉だと思います。お陰様で無事に生かしていただいているという感謝、健康で暮らせることの何よりの感謝が大事です。大事なく家族が無事に暮らせるほどありがたいことはありません。そこにお陰の本質があります。不平不満の日々よりも今あるものに満足し、家族の今の健康に感謝すると偉大な力は大きな平和と喜びを連れてきます。

CIMG2272

罪を犯せば罰を受けなければならないし、
責任も取らなければなりません。

それがどれほど大変なことかを
よく知らなくても、
誰もわざわざ好んで罪を犯そうとはしません。

しかし、世の中には罪を犯す人がいます。
罰があるのにどうして罪を犯すのでしょうか。

ここに罰の限界が隠されています。


罰は人の行動を抑制する効果があります。
しかし、行動そのものをなくす効果はありません。

それはどういうことかというと、
罰によって抑制されている行動は
罰がなくなれば再発するということです。

罰のない場所では
望ましくない行動は
繰り返されます。

罰は、罰する人間がその場にいて
はじめて意味があります。


多くの人に経験があると思いますが、
シートベルトの非着用。

シートベルトをしなければ罰があります。
減点です。

免許を持っている人なら
誰でも知っていること。

最近ではようやく
シートベルトの着用率が
上がってきましたが、
まだ完全とまではいきません。

罰があるのに
どうしてシートベルトをしないのか。

それは罰が常にあるとは限らないからです。

罰はその場になければ効果はありません。

確率性の低い罰は、
行動を抑制しにくいのです。


シートベルトを締めていなくても
常に罰があるわけではありません。

街中を走っていても
めったに罰を受けることはりません。

検問のときに
気をつければいいぐらいです。

しかし、検問に出くわす確率は低い。

ごくたまに出くわすぐらいです。

それでは煩わしいシートベルトを
締めようとは思わないものです。


では、シートベルトをしていなければ
常に罰があるとすれば人はどうなるか。

そこらで検問がはられており、
捕まる可能性が高ければ
シートベルトを締める人の割合は
格段高くなるはずです。

また、罰ではありませんが
シートベルトをしていないために
事故で命を落とすことがあります。

これは大きなデメリットです。

シートベルトは
これほど大きなデメリットから
逃れられるのだから、
シートベルトを締めるといった行動は
メリットで維持されていいはずです。

しかし、それでも
シートベルトをしないのはなぜでしょう。

そこに人が死を求める
本能的動機が隠されているからでしょうか。

死への願望「タナトゥス」があるのでしょうか。

まさか!
そんなものはありません。

これも確率の問題です。

事故といったデメリットは
常にあるわけではありません。

これがもし、サーキット場で
スピードの限界に挑戦しようとすれば、
誰もがシートベルトを締めるでしょう。

シートベルトだけでなく
ヘルメットまでかぶるに違いありません。

事故を起こす可能性が格段高くなるからです。


罰を用いて
行動を統制しようとすることは簡単です。

しかし、そこには
限界があることを知っておきたい。

まず、一つに確率の問題です。

もう一つに、それは次回で。



確率の低い罰は、その行動を制御しにくい。

まず、一つ覚えておいてくださいね。


ん?刑法犯の検挙率が下がっています。
どうりで犯罪が増えるわけですね。


まとめ

罰は人の行動を抑制する効果があります。
しかし、行動そのものをなくす効果はありません。

罰によって抑制されている行動は
罰がなくなれば再発するということです。

罰はその場になければ効果はありません。

罰のない場所では
望ましくない行動は
繰り返されます。

確率性の低い罰は、
行動を抑制しにくいのです。






からの引用です。
ギャラリー
  • 行動を起こすときに大事なこと
  • 税金が無駄に使われる理由
  • 動機を理由に人を見てはならない
  • ひったくりが流行る理由
  • ハイリスクの低リターン
  • 確率の低い罰は効果が薄い
  • 罰の限界
  • 恋を長く続かせるには
  • 恋愛で見る感情の仕組み