重要な決断を迫られたときに知っておきたいこと

重要な決断を迫られたときに知っておきたいこと
別の方法は常にある。他にも方法があることに気づくこと。意識が原因を創り出す。世界は自分の心の中身を映し出している鏡である。大きな成功には人脈のレベルアップが必要、1意志が支配する、2模範を破る、3お金以外のものを追求する、4自分にもできる、5精神と物質は別のものではない、言い訳とは思いこみのことである。うまく行くことに焦点を合わせる。現実を創り出しているのは信念である。自分の意志を鮮明にする。人間には限界がないあるのは自分の信じる限界だけである。意志をはっきりすることで目的の方が近づいてくる。心に抱く考えに矛盾がないこと、過去の出来事に対する結論や信念を変える。意図的に変えた信念を実行に移す。人への恨みをすべて手放す。意識を鮮明にすることで心にひとつの疑念も抱かずに自分がほんとうに欲しいものを自分に引き寄せる。実現したときの感情を味わう。私はすでにたくさんのものを所有していることに気づく。莫大な富に感謝する。感謝の気持ちが願いを実現するエネルギーとなる。実現したときの感情を味わう。求めることと許すことのバランス、ひらめきを行動に移す。金はスピードが好き、ゆだねるということは何もしないことではなく、ひらめきに基づいて行動を起こすこと。成功を引き寄せるためには執着心を捨てなければならない。迷ったときは運命を信じなさい、1望んでいないことを知る2是非実現したいことを知る3すべての自分を制限する思考を捨て去る4やりたいことしたいこと欲しいものを手に入れられたときの感情を味わう5神に身をゆだね自分の直感に基づいて行動し目標が自然と実現するようにする。意志に感情が加われば実現する。
CIMG2317

あるとき、
自分に決断をせまられるときが来ます。

どちらの道を選ぶべきか。

このまま続けるべきか。

諦めて次へと進むべきか。

やるか、やらないか。

買うか買わないか。

それでいいのか、駄目なのか。

人は決断を迫られるときがきます。


ここで一つ知っておきたいこと。

そのとき選んだ選択が
これからの自分の選択に
大きな意味を持ちます。


もし、今、逃げることを選ぶ自分がいれば、
次に何かにぶち当たったとき、
また同じように逃げる自分がいることを
知っておいてください。

逆に、逃げずに最後までやりぬく自分がいれば、
これから先も、最後まで貫く自分がいることを
知っておいてください。

今、妥協する自分がいれば、
その先、同じような場面に出くわせば、
妥協してしまう自分がいることを
知っておいてください。


今の選択が、
後々の人生の選択に
大きな影響を及ぼします。

次頑張ればいいだなんて、
軽く考えないことです。

次も同じ選択をすることになります。


意思決定も見返りにより学習されています。


まとめ

今の選択が、
後々の人生の選択に
大きな影響を及ぼします。

次頑張ればいいだなんて、
軽く考えないことです。

次も同じ選択をすることになります。

今、我々に必要なもの

今、我々に必要なもの
神信心を始めると、信心が篤くなるほどお試しがあると言われることがある。お試しとは軽い試練ということが出来よう。その人が信心の道でどれだけ成長したかを自覚させる意味があるそうな。言うなればお試しがあるのはおかげであるということになる。ありがたいことだけがおかげとは限らない。
CIMG2302

最近、社会では
人生に疲れた人々を
何とかしようといった
努力がなされていますが、
果たしてその方向性は
大丈夫でしょうか。

どうもあさっての方向に
向いているように思えるのは
私だけでしょうか。

その典型例が「ゆとり」です。

休日を増やして
いろんな趣味を持ったり、
家族との触れ合いを
大切にしたりしていこうと
いうものです。

聞こえは素晴らしいのですが、
それで果たしていいのでしょうか?


今、我々に必要なものは、
よく耳にする「生きる力」です。

ゆとり、ゆとりと言いますが、
ゆとりを持てば、
そこに生きる力が湧き出るとでも
言うのでしょうか。

生きる力といったものが、
どのようなもので、
どうすれば養えるかが
分かっていないようです。


生きる力を
与えるくれるのは環境です。

ゆとりが生きる力を
与えてくれるわけではありません。

人は環境とのかかわりの中で
行動を起こし、
その見返りを受けることで
生きる力を持つのです。

人は自分が興味あること、
楽しいと思えることをしているときは、
ゆとりが欲しいとは思いません。

自分のやりたいことに
打ち込んでいるときは
疲れなんて気になりません。

寝る間を惜しんで熱中するものです。

疲れていても
休む時間がもったいないと
思うものです。

ファイナルファンタジーや
ドラゴンクエストを
寝る間を惜しんで
夜通し続けたことがあるでしょう。

「冬のソナタ」や「24」を
明日、しんどいことを承知で
見続けませんでしたか?

オールといって
夜通し遊び続けたことがあるでしょう。

大好きな人と一緒にいるときは、
もったいなくて
寝るに寝られなかったのではないですか?


今我々に必要なものは
ゆとりではありません。

ゆとりなど必要もしないほどに
打ち込める環境が必要なのです。


子供たちにしてもそうです。

ゆとり教育などと、
どこの誰が言い出したのか知りませんが、
愚策もいいところです。

人間を曖昧な形でしか
理解できていない人が、
時間的ゆとりを与えれば
少しは子供たちが変わるとでも
思ったのでしょうか。

今、子供たちに
してやらなければならないことは、
ゆとりの時間を与えて
好き勝手にしなさいと
いうことではありません。

子供たちも大人と同じ、
自分の打ち込める環境が
必要なのです。

勉強時間を減らすのではなく、
勉強内容を削減するのではなく、
「勉強がしたい」と
やる気にさせるだけの
環境が必要なのです。


子供たちに
「どうして勉強するのですか?」
「どうして生きるのですか?」
などと問われている社会では
話になりません。


経済発展の名のもと、
効率性や利便性ばかりに目を奪われた結果、
人間が生きていくうえで肝心な
見返りが失われている事に気付きたい。

子供たちが、
勉強が面白くなくなったのは、
教える側が利便性や効率性を
追求した結果、
子供たちから興味や楽しさを
奪ったからです。


今我々に必要なものは、
自分を湧かすことのできる環境です。

「ゆとり」は
疲れ果てた人が望む最後の場所。

いくら頑張っても、いくら努力しても、
見返りが得られない人のための救いの場所。

ゆとりが欲しいと思っているようでは、
その環境に期待できるものはありません。


自分を湧かすことのできる環境はお持ちですか?

自分の好きなこと、興味あることに取り組んでいますか?

今の環境に自分を熱くさせるものはありますか?

ゆとりを求めているようでは、
そこが限界だと、お手上げしているも同然です。


 
まとめ

経済発展の名のもと、
効率性や利便性ばかりに目を奪われた結果、
人間が生きていくうえで肝心な
見返りが失われている事に気付きたい。

子供たちが、
勉強が面白くなくなったのは、
教える側が利便性や効率性を
追求した結果、
子供たちから興味や楽しさを
奪ったからです。


今我々に必要なものは、

人はなぜ生きるのか

人はなぜ生きるのか
あなたの知っている人を顧客とするならばせいぜい50人、しかしあなたの知らない人を顧客とするならば30億人。この差が意識の持ち方だとすれば重大なこと。皆に伝えたいこと、前向きな生き方が道を切り開く。
CIMG2272

最近、現代人は
生きる力が弱くなってきていると、
本か何かで読みました。

若者においては
その弱さは一段と増すといいます。

一連の少年犯罪や、
統計として出ている自殺者や
精神病者の数を見れば、
納得できそうなことです。

しかし、
日本は物資豊かで、
海外の国々と比べれば
平和そのもののはず。

経済が滞っているとしても、
飢え死にするわけではありません。

それが生きにくい社会とは
どういうことなのでしょう。

その答えは、
「人がなぜ生きるのか」
というところにつながっているようです。


人はなぜ生きるのか。

最近このような問いかけを
よく耳にします。

書店に行けば、この手の本が
新刊として必ず置いています。

人それぞれ自分で答えを見出せば
それでいいのですが、
普遍的な生きる理由を
ひとつ述べてみたいと思います。


人はなぜ生きるのか。

それは環境からの
見返りがあるからです。

見返りといっても、
メリットのほうです。

人が何らかの行動を起こせば、
環境側からメリットが受け取れる。

そうすれば、
人は生き続けることができる。

もっと言えば、
メリットがあれば
人は嫌でも生きようとする。

逆にこれが、メリットがない、
またはデメリットばかりになると
人は生きることができなくなる。


今の世の中が生きにくいとは、
環境からの見返り(メリット)が
得にくいということです。

自分の価値観に沿った行動に、
しっかりとした見返りがないとき
人は生きることが辛くなる。


リストラされ、仕事もなく、
社会的地位を失った人が
自分に価値を見出すことが
出来ず死を選ぶことがあります。

築き上げてきた自分の会社が倒産して、
すべてを失った人が死を選ぶ時があります。

いじめに苦しみ、学校に行くのが辛い。
学校に行きたくないと言って
親を困らせるのも心苦しい。
どこにも見返りを得ることが出来ず
生きていることが辛くなる子供がいます。

恋人に振られ、すべてを失った気分になり、
生きていても仕方がないと感じる人がいます。

長年、夢を追い求めてきたはいいが、
とうとうその夢が絶たれ、
生きていく希望を失った人がいます。

人は環境からしっかりと
見返りを受け取れないと
生きていくことが難しくなります。


生きる力は環境から
貰い受けるものです。

自分の内から
沸いて出てくるものではありません。

振り絞って頑張れば
生きる力が湧いてくるわけではありません。

学校や会社に行くのは当たり前。

当たり前のことができないと、
自分がいやになる。

しかし、見返りがなくなれば、
当たり前のこともできなくなります。

多く、人といったものが、
意思や根性、内なる力、気の持ちようで
何とでもなると勘違いしているようです。

しかし、それは大きな間違いです。

いくら気張っても、
いくら踏ん張っても、
環境を見過ごしていれば、
何の意味もありません。

現代人は生きる力が弱ってきているというのは、
環境からの見返りが十分ではないということです。

学校に行くにしても
会社に行くにしても
何をするにしても、
したらした分だけ、
そこに見返りを
受け取らなければならなりません。


自分の行動に十分に見返りがある人は、
人生が充実しています。

そんな人は、まず
「人はなぜ生きるのだろう」とは考えません。

生きる理由など考える必要がありません。

環境からの見返りこそが生きる理由だからです。


人はなぜ生きるのか?

そこにメリットがあるからです。


まとめ

人は環境からしっかりと
見返りを受け取れないと
生きていくことが難しくなります。

生きる力は環境から
貰い受けるものです。

自分の内から
沸いて出てくるものではありません。

振り絞って頑張れば
生きる力が湧いてくるわけではありません。


学校や会社に行くのは当たり前。

当たり前のことができないと、
自分がいやになる。

しかし、見返りがなくなれば、
当たり前のこともできなくなります。


人はなぜ生きるのか?


ギャラリー
  • 行動を起こしてメリットを得る。
  • タバコの止め方
  • どうやって行動先行型に変えるのか。
  • 重要な決断を迫られたときに知っておきたいこと
  • 今、我々に必要なもの
  • 人はなぜ生きるのか
  • 生きにくい社会
  • ストレスをどう見るか
  • 不快な感情が根付くわけ