人は変わることができる。

人は変わることができる。
CIMG2593

 
中学校のときは、見た目も地味で大人しかった人が、高校、大学、社会人となるにつ
れ別人となっていることがよくあります。

駅で中学校のときの同級生に会ったときのことです。
中学校時代はクラスに一人はいる暗い奴で、一緒に話をした記憶がない。話し声も聞
いたことがない。そんな奴が声をかけてきたのだからびっくりした経験があります。

「よ!久しぶり!元気か!」ときたもんです。
驚きのあまり、口が半開きの状態で、うなずくのがやっと。そんな自分の肩をぽんぽ
んと叩いて「じゃな!」と、余裕シャキシャキで立ち去っていったのを覚えています。

その後、友人にその話をすると、友人も同じ目に遭ったといっていました。
聞くところによると、もともと暗い奴だったその同級生は高校からアメリカンフット
ボールをはじめて体育会系になったらしいのです。
それが、どうも彼を変えたようです。


「環境が人を変える」といわれる由縁のこんな心理学の実験があります。
映画「es」のモデルにもなった有名な実験です。

1971年、Philip Zimbardoは、スタンフォード大学心理学部で、
「人は特殊な環境に置かれると、その環境に適した行動を身に付けていく」というこ
とを実験により検証しようとしました。

まず、彼は、実際の刑務所と同じ環境の実験室を作りました。そして、普通の大学生
24人が被験者として選ばれ、囚人役と看守役とに無作為に分けられました。そこで
2週間、1日15ドルという報酬のもと、それぞれの役を演じてもらうといったもの
です。

実験開始まもなく、看守役の被験者はより看守らしく、囚人役の被験者はより囚人ら
しい行動をとるようになります。役が身についてきたというものですね。

しかし、それからしばらくすると、看守は攻撃的な行動が目立つようになります。
囚人はというと、受動的な態度を示すようになります。さらに囚人は次第に無気力に
なっていき、実験開始6日後、この模擬刑務所での実験は中止となります。

楽しんでいるとも思える看守とは対照的に、囚人たちは卑屈になり、情緒不安定にな
り、しまいには心身症の兆候を示す被験者が出たからです。

あくまで実験です。しかし、役割を与えられただけで、自分の人格が変わってしまう。
ドラマや映画の俳優さんが、日常にその役柄が出てしまうことはよく聞く話ですが、
実際に、人は置かれた環境によって変ってしまうのです。

看守の攻撃的な面は、人間の根幹「es」といった今まで隠されていたものが現れ出
たのだという人がいますが、根拠が見えません。

攻撃的な振る舞いをすることは、実験をする上で大切です。本物の刑務所と同じこと
をすることで実験の価値があります。だからこそ攻撃的な行動が起こされます。
また攻撃的になることはストレスを発散させることができます。優越感を感じること
もできます。攻撃的な面が目立つようになるのはそこにメリットがあるからです。

囚人はといえば、卑屈になり、受動的になります。それは、逆らって盾を突こうもの
なら、罰があります。デメリットです。自分の意見や考えは捨てなければなりません。
卑屈になり受動的態度を示すのは置かれた環境の利にかなった行動といえます。

看守も囚人も、なるようにしてなった実験結果ではないでしょうか。


実験のような極端な環境の変化でなくとも、身近にあるちょっとした環境の変化で、
良くも悪くも人は変わっていくものです。

今まで頼りなかった人が、家族ができることで一家の大黒柱としてたくましくなる。
それまではパッとしなかった人が、役職を与えられて責任を持つようになると、
バリバリ仕事をこなすようになる。
少年時代、ご近所で噂だった、うだつの上がらないワルが、仕事を始めると立派な社
会人になっている。

悪い面で言えば、窓際に追いやられた人が、これまで以上に仕事にやる気をなくす。
荒れた環境に身を置くと、生活そのものが杜撰になる。裏社会に足を踏み入れると、
人相までも変わってくる。

「家族ができたからしっかりしないと!」と思うことで変われるものではありません。
「責任があるから真面目に仕事に取り組まなければいけない!」と意識するとこで変
われるものではありません。「もう歳だし、いつまでも好き勝手なことをやっていら
れない」と認識するとこで変われるものではありません。


人が変われるのは、環境がそれを求めているからです。そこにメリットとデメリット
があるからです。

昔から「地位が人を作る」といわれています。しかし、正確には、「環境が人を作る」
といえます。

その人を良くも悪くも変えることができるのは、周りの環境、つまり自分たちでもあ
るのです。

まとめ
人が変われるのは、環境がそれを求めているからです。そこにメリットとデメリット
からの引用です。

ものには順序がある、行動にも順序がある。

ものには順序がある、行動にも順序がある。
CIMG2633

 今月から貯金をしようと決めたはいいが結局出来なかった。勉強をしようといつも計
画を立てるが、計画通りに進まない。目標を持って取り組もうとするが、すぐに断念
してしまう。

できそうでできないことはたくさんある。やればいいものをやらない。よそ様はでき
ているのに自分にはできない。

はてさて、よそ様と自分とはどこが違うのでしょう。性格? 能力? 資質? 気持
の問題?

はて、何でしょう?


人は今までやったこともないことをいきなり完璧にできることはありません。
10あることをいきなり10出来ることはありません。

今まで勉強をしたことがなく、昨日まで散々遊び呆けていた人が今日になって何時間
も勉強し続けることはありません。

昨日まで、お金をあるだけ使っていた人が、今日になってきちんとお金を管理できる
ようになることは難しいことです。

昨日まで、好きなものを存分に食べていた人が、今日になってきっちりダイエットを
しだすのは至難の業。


勉強の仕方、貯金の仕方、ダイエットの方法、そういった知識はみんな持っています。
難しいのは、その行動をどのように形成するかです。


素人が練習をしないでいきなりフルマラソンを走りきることはできません。
喧嘩に自信があるからといってボクシングで12Rをフルに戦うことなど出来ません。


物事には順序があり、段階を追ってでしか作りようのない行動があります。

生まれたての赤ん坊が、ミルクをあげに来た母親に「お母さん!おはよう!」と言う
ことがないように、人は順を追ってでしかできないことがあります。


勉強をしようと思うなら、いきなり何時間も勉強をしようとは考えないことです。
最初は30分机に向かうだけ。その次に1時間、その次に2時間と順を追って増やし
ていくこと。
勉強内容もいきなり難しい問題から解こうとするのではなく、自分にできそうな問題
から始めることです。
いきなり解けもしない問題をやろうとすれば、後が続かなくなります。

貯金にしても同じです。いきなり、月々決まった金額を貯金することは、まだ行動が
形成されていない人にとっては難しいこと。
欲張って月に5万円!なんてしてはいけません。初めは5千円からでいいのです。

ダイエットも、いきなり絶食するようなことはしてはいけません。そんなことをして
も、すぐに失敗します。
ダイエットは痩せればいいというものではありません。理想体重を維持できてはじめ
て成功なのです。
そのためには、まずは体重計に乗ることから始める。次にそれを記録していく。それ
ができれば、本格的なメニューに入る。


何でも、はじめから10を求めないことです。10を求めても、しんどいだけで後が
続かなくなります。


いつもテストで20点や30点を取ってくるできの悪い子供に、次は100点!なん
て期待をしてはいけません。
20点を取ってきた子供には、次は25点。それがクリアーできて30点。少しずつ
ハードルを上げていくことが大事です。そして、前回より点数がよければほめてやる
ことも大事です。

今まで20~30点しか取ってこなかった子供は、100点を取るほどの勉強が身に
ついていないからです。

徐々にハードルを高くしていくと人はどんどん伸びていきます。


動物実験でもこんなものがあります。
ハトを用いた心理学の実験です。

キーを一回つつけば餌が一塊出てくる仕掛けになった実験装置があります。その中で、
ハトはたまたまキーをつついて餌を手に入れることができました。すると、ハトは餌
というメリットを得たために「キーつつき」といった行動を学習します。

さて、このハトに100回キーつつきをせることはできるでしょうか。100回キー
をつつけば餌がもらえる。この行動を形成させることはできるでしょうか。

我々が普段考えている観点で言えば、無理なことです。100あるうちの1しかでき
ていないハトがいきなり100回キーをつつくことなどできるはずがありません。

1回のキーつつきで一塊の餌を手にすることしか学習していないハトにとって、100
回のキーつつきは無意味な行動です。

しかし、これを、初めは1回のキーつつきで餌が与えられたのを、キーを2回つつけ
ば餌を与えるようにすると、ハトは2回キーをつつくことを学習します。

次に3回、次に4回、次に5回・・・・と餌を与える間隔を伸ばしていけば、ハトは
見事に100回キーつつきを学習することができるのです。

しかし、これでは終わりません。そのハトは最終的に2万回までキーつつきを学習し
たのです。2万回というと丸々一日かけてキーをつつき続けることになります。


我々ができそうでできない理由はここにあります。ハトが一塊の餌でそこまでできる
のですから、我々が無理だと諦めていることもしっかり順を追って形成していけば可
能になってきます。

まだ形成されていない行動をはじめからすべてを望んではいけません。順を追ってで
しかできない行動があります。

物には順序があることを理解しておきましょう。



まとめ

10あることをいきなり10出来ることはありません。
はじめから10を求めないことです。10を求めても、しんどいだけで後が続かなく
なります。

物事には順序があり、段階を追ってでしか作りようのない行動があります。

まだ形成されていない行動をはじめからすべてを望んではいけません。順を追ってで
からの引用です。

できて当たり前のことができない人 

できて当たり前のことができない人

CIMG2634
CIMG2634
当たり前のことは言ないでもできる。

目上の人には敬語を使う。朝起きたらきちんと挨拶をする。自分が出したごみは自分
で片付ける。遅刻や忘れ物はしない。人に迷惑をかけない。規則やルールは守る。

そんなことはいちいち言われなくてもできるのが当たり前のことだと考えていません
か?


人間といったものが自分で物事を見極め、意思の力によって行動していると考えてい
るせいか、できて当たり前といった考え方が世間にはあります。


最近の若者の非常識な行動に文句のひとつも言いたい人は多いはずです。
コンビニの前に座り込んでは、タバコを吸って地面につばを吐く。
ごみは出しっぱなし。
周りを省みず大声を出して馬鹿っぷりをアピールする。

女性においても、平気な顔をして電車内で化粧をしたり、パンやお菓子を食べたりす
る。

大の大人でも、平気な顔をして歩きタバコをしています。

そんな光景を目の当たりにして、言っても仕方がないと思ってしまうのは無理もあり
ません。
できて当たり前のことができないと、人は嫌気がさすものです。
馬鹿はほっておくしかないと思ってしまうものです。


当たり前のことができないのはなぜでしょう?

馬鹿だから?知能が低いから?そんなところに原因はありません。

当たり前のことでも、しっかりと見返りがなければ、その行動を学習して維持してい
くことはできません。

当たり前の行動とは見返りがあってはじめて維持されるものです。


若者が自分の出したごみを片付けられないのは、そこに見返りがないからです。

ごみを片付けてほめられた経験がない人が、ごみを片付けるようなことは、まずしま
せん。

周りから白い眼で見られようとも、悪い意味でのゴーイング・マイ・ウェイな生き方
をしている若者にとって、それはデメリットにはなりません。

人様の迷惑を省みないのは、省みないでも叱られることがない、人様に気を取られな
い自分達がかっこいいといったメリットがあります。

若者の行動は、それはそれできちんとメリットが伴った行動です。

大人たちや社会が望む行動をしたところで見返りがない。しかし、自分たちの環境で
はその行動は見返りのある行動なのです。


車内で化粧をしたり、パンをむさぼり食う女性も同じです。
周りの視線は今の若い女性にとってはデメリットにはなりません。

しかし、そこに片思いの男性がいれば、そんなことはしないはず。

自分が必要とする人たちから白い目で見られると、そんな恥ずかしい行動はしなくな
ります。
しっかりと見返りがないためにしでかす行動なのです。


大人が、混雑している場所でも平気で歩きタバコをするのは、そこにデメリットがな
いためです。周りが注意をするわけではありません。逆に、吸うとことでメリットを
得ることができます。

そんな大人に周りが注意をして、迷惑だと告げるだけで効果はあるはずです。
しかし、そんな面倒なことをする人はいません。それこそメリットがない行動だから
です。

条例で、しっかり歩きタバコを禁止して、罰金を取るようにでもなれば、歩きタバコ
はなくなるはずです。


子供にしても、若者にしても、大人も同じく、できて当たり前の行動ができないのは、
そこに見返りがないためです。

望ましい行動をしない、言うことを聞かない、それは望ましい行動をしたときにしっ
かりと見返りを与えていないのでは?

しっかりと見返りを与えず、ただ、できて当たり前という思い込みが、多くの問題を
引き起こしていることに気づいていない。


日本は「恥の文化」といわれています。

せっかく恥の文化をもっていながら、それを上手く使えないでいます。

大事なことは、できて当たり前、して当たり前の行動も、しっかりとほめるなり、叱
るなりして、メリット・デメリットを使い、見返りを与えなければならないというこ
と。

できて当たり前などといった考えは、大人であろうと子供であろうと通用しないもの
です。


当たり前のことをしても褒められない環境で育った人間に当たり前のことなどできる
わけがありません。


まとめ

当たり前のことでも、しっかりと見返りがなければ、その行動を学習して維持してい
くことはできません。

当たり前のことをしても褒められない環境で育った人間に当たり前のことなどできる
わけがありません。






14年前の「発行管理者:かずひさ」氏のメルマガ「やる気が出ない本当の理由」
からの引用です。
ギャラリー
  • 人間の賢さと愚かさ
  • よりよい社会づくりのために
  • 蛙の子は蛙
  • 自分らしく生きるとはどういうことか
  • 流行のフリーター
  • 価値観の違いは環境の違い
  • 人は今しか幸せになれない
  • 重要な決断を迫られたときに知っておきたいこと
  • 夢を諦めるべきかどうかの判断の仕方